Home > MUSIC

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

ベック 日本武道館公演を観た

PA230001長いキャリアなのに今が絶好調なのは稀有なことです。

エリカバドゥ ビルボードライブ東京公演を観た

2017_1012_18105700

会場


会場はBBL東京。キャパは300人ほど。そのうえ、普通は2ステージ/日のところ、今回は1ステージです。エリカバドゥのネームバリューを考えると、ステージが小さすぎるのでは、と思いましたが、昨年、今年のD'angeloのパシフィコ横浜、MaxwellのStudio CoastがSold outしなかったことを考えると、丁度いい落としどころなのでしょう。

ライブ鑑賞予定

鑑賞予定

映画じゃなくて、ライブのお話です。予約済みのチケットがかなりあって、珍しいことなので記録しておきます。今回のMH搭乗でとりあえず予約済み(エアライン)チケットは無いので、ちょうどいいかな、と謎の解釈。

Erykah Badu


1公演43,000円という値段にびっくりして購入を躊躇っていたバドゥ公演ですが、ビルボードライブという小会場で世界のバドゥを観られるのは一生に一度かも、と悶々と悩んだ挙句、まだチケットが売っていたのと、すでに実施された公演のレビューがやたら良い(渋谷陽一がべた褒めしてた)ので、決心して買ってしまいました。もう4日前なのに整理番号20番台ですって。やばい。


Beck


日本武道館とStudio Coastで行われる今回の来日。できればライブハウスで見たかったですが、日程があわず武道館を購入。先日の中止になったJamiroquaiもそうだけど、大会場とライブハウスを組み合わせるのが流行ってる?あとになってコーネリアスのゲスト参加が発表されました。


Mitski


大注目している日系SSWのミツキちゃんがバンド編成で来日してくれるということで勇んでチケット入手しました。


Gabriel Garzón-Montano


米紙で昨年のベストアルバムに軒並み選ばれていて気になっていたガルゾンーモンターノのJardin、マレーシア航空の機内エンタメにあったので聴いてみたらすごく良かった。そして、タイムリーに来日公演が発表されたので、行ってみます。一番楽しみ。


Boyz ii Men


昔、まだ彼らが日本で流行っていたころ横浜アリーナ公演に行ったなぁ。その時はまだオリジナルの4人組、でも3人しか来日しませんでした。今回も奇遇なことに同じ横浜、パシフィコだって。

Alanis Morissette


特にアルバムを出すわけじゃないけど、来年1月に来日してくれるそう。この人も最初に見たのは武道館、今回はライブハウスです。でも、武道館でライブするような状況ってミュージシャンにとっては一種異様なのかも。粛々とライブハウスこなしてくれるくらい地道な活動がいいよね。

Paul Weller


すごくポールウェラーファンというわけじゃないのですが、会場がEx Theatreなので衝動買い。Paul WellerがプロデュースしたCarleen Andersonのアルバムは超絶よかったです。



にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村


Niall Horan (ナイルホーラン) Flicker Sessions 2017 東京公演を見ました。

Niall Horan Flicker Sessions 2017 東京公演を見ました。

100
六本木駅から告知がされていて気分↑


会場入りはまるでテロ警戒中の空港のように、荷物検査に金属探知機を利用したボディーチェックと、厳戒態勢。先日のマンチェスターでのできごとがあったので仕方のないこと。

067
会場は10代くらいの女子がメインで、それぞれスマフォを構えて開演を待つという今風の風景でした。

072
この腕たちを見よ(うで疲れないのかな

気さくにおしゃべりを交えつつスタートしたステージは、未発売のアルバムに収録予定の曲がほぼすべて。なつかしのチルアウト系フォークロックといった風情で、きっとソウルミュージックも好きなんだろうな、という作風。予備知識がなければワンダイレクション出身とはわからないです。

083
MCでは、「アルバム発売前にこうして曲をお披露目するにはいいステージだと思った」と、小規模な会場を選んだ理由も。

Flickerが次のアルバムタイトルになるそうで、表題曲のFlickerを演奏する際のMCでは、この曲は自分にとってとても大事な曲で、この曲ができたことによって他の曲も次々とできあがった、というMCもありました。

ときおり、「ありがとう」と日本語をはさむのですが、いわゆる外国人の日本語とは違って、かなりきれいな発音なので驚きました。本来ミュージシャンだから耳で聞いて再現するのは得意じゃないといけないはずだけど、なぜかほとんどのミュージシャンの日本語はカタコトですよね。その点ナイル氏は立派。

085
15曲くらい演奏したでしょうか、セットリストはたしかすでにダブリン公演のものがBarksに上がっていたと思うのでそちらを見てもらうとして、私の好きなタイプの音楽だったので、気持ちのよい時間を過ごせました。このジャンルでは特に英国だと上手の人がたくさんいるはずなので、頑張ってほしいです。彼の魅力は変に都会ぶらず、率直で正直なところが歌声にも現れていますね。

会場をあとにする際、女子のファンが「途中で眠くなっちゃった」と言っているのを聞きましたが、ワンダイレクションのファンとして来場していたら、全部知らない曲、ジャンルはわりとオフビート、といった公演で興奮を維持するのは大変だったかも知れません。アンコールで1曲だけ1Dの曲を弾き語りで披露しましたが、そのときには会場の空気が一変して、怒号のような女性の「ナイル!ナイル!!」という叫びが響き渡っていました。

バンドメンバーは、ギター、ベース、ドラムス、鍵盤と、バイオリニストで本人含め6人。シンプルです。バイオリンが含まれるのがアイリッシュらしくて、よかった。

会場は、六本木Ex Theater。キャパは2000人くらいでしょうか。バンドメイトのHarryが幕張メッセ(予定)、Zaynがさいたまスーパーアリーナ/横浜アリーナ(結局キャンセルだったが笑)、を押さえたことを考えると異例の小規模会場です。でも、彼のいかにも家でセッションして作りました、という音楽は大アリーナで聴くようなものじゃない気がします。今回の規模は大正解でした。あと、シンプルなバンドサウンドなので、バンドでそのまま再現可能というのが、元1Dメンバーではじめての来日を果たした成功要因かと思います。Zaynなんかだといったんバンド構成に編曲しなおす手間がいるのでしょう。

アメリカのバンドKINGのステージを何度か観て、自宅録音的に自分たちだけで作った音楽だと、自分たちと機材さえあればどこでもライブできるので、小回りがきく。その利点をNiall氏はよくわかってるように思います。



今回21箇所のFlicker Sessionsツアー、欧州3、アジア1、オセアニア1、南米1、残りは北米ですが、アジアの1箇所にバンコクでもなく、シンガポールでもなく日本を選んでくれたのが、私にはうれしかったです。

私は決して1Dファンではないのですが、Zaynのソロプロジェクトとか、DunkirkでのHarryの演技、そしてナイル氏のソロ公演と、イギリスの新しい才能に触れる機会が多く楽しいです。


これは紛れもなくヒット。


066
ちなみに #paulwellerはもうチケットとってある。

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村


Niall Horan 9月に来日


あまり1日3更新はしないですが、ニュースなので特別。



1Dの伏兵ナイルホラン、9月に来日です。今から楽しみ。

それにしても、

1Dの本命、ハリーは半年前に発売して順当に売り切れて追加アリーナ公演

1Dの問題児、ゼインは半年前にアリーナ公演ぶち上げて売れなくてドタキャン

1Dの伏兵、ナイルは小ぶりのライブハウスを2か月前にひっそりと告知

それぞれキャラが出すぎ。ゼインはマネジメントも悪いと思うのです。一方ナイルはいいマネジメントしてもらってる印象。
にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

1D ワンダイレクションのその後

元1Dメンバーたちのソロデビューが揃って久しいですので、ちゃんと聞き比べてみました。



Steve Aoki & Louis Tomlinson - Just Hold On


Liam Payne - Strip That Down

ルイとリアムは、残念ながら平均的。歌の上手い青年という印象しか受けませんでした。どちらかというと、ルイのほうが高く珍しい声なのでいいかな。


Harry Styles - Sign of the Times

だいたいグループのうち1人だけがとびぬけてスター性を持っているものですが、1Dの場合はやはりハリー君が一番スターでしょう。歌が上手いとか顔がイイとかそういうのを超越したスター性があります。とにかく目立つのですね。


ZAYN - Still Got Time ft. PARTYNEXTDOOR

一人さきにグループを抜けたZaynは、音楽性という意味では5人のうちで一番、根っから芸術家気質だと思うし、1人こつこつ音楽に向き合うのが好きなのでしょう。ただし人前に出たがらず引きこもりがちなところとか、スタジオミュージシャンタイプなのでスターかと言われるといまいち?


Niall Horan - Slow Hands

一番ジョーカーで、何にでも化けられるように見えるのがNiallで、もしかすると一番ミュージシャンとして大成するのかも、5人のソロ音楽のうちこの曲が私の一番の好みです。正直言って見た目も歌も普通なのに、なぜか一番可能性を感じます。不思議なキャラです。



これはGraham norton showですが、かなりアイルランド訛り。

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[11/20 Free Android Apps Download]
[11/20 ロレックス偽物]
[11/14 コピーブランド]
[11/14 スーパーコピー]
[11/13 バレンシアガスーパーコピー]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア