Home > 映画

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

Denis Villeneuve監督の3作品を観た。(ネタバレあります注意)



2013年の映画「Prisoners(プリズナーズ)」「Enemy(複製された男)」のネタバレを含みます。観ていない方は読まないでください。

映画、『Arrival(邦題:メッセージ)』を観て、Denis Villeneuve(ドゥニヴィノー)監督の映像美とか造形美に惹かれました。Netflixでは2017年9月時点でPrisonersとEnemy(邦題:複製された男)の2作品が公開されています。

Prisonersは、とにかくキャストが豪華で驚き。Jake GyllenhaalとHugh Jackmanだけで2大キャストなのですが、その後映画、テレビで主演作多数のDylan Minnetteやオスカーを獲得したViola Davis,それに実力のあるTerrence Howardと、キャストだけでおなかいっぱい。2時間半におよぶこの映画、ストーリーは二転三転し、いったいどこに着地するのか最後までわからないドキドキがありました。Arrivalでは蛸型エイリアン、Enemyでは蜘蛛と、生物の造形が多数でてくるDenis監督ですが、Prisonersでは蛇が登場します。はじめ、普通のサスペンス映画風でDenis Villeneuveらしさを感じませんでしたが、途中から蛇がたくさん出てきてああ、これだと思いました。Prisonersと複数形なのも、たくさんの誘拐された子供、そして少年院にいたロキ刑事、拉致監禁されるとあるキャラ、など複数の存在を示唆しています。

そして、Prisonersと同年に同じJake Gyllenhaalを主演に撮影されたEnemy。これはすごい。哲学的な映画で、一度観ただけではわからない。私は凡人なので2度見て、さらに誰かが作った解説動画を見たりして、やっと理解に至りました。そういえば、Arrivalもやはり一度観ただけでは本当の意味を理解するのが難しい映画でありました。

繰り返し登場する蜘蛛。気持ち悪いです。蜘蛛は網をめぐらして獲物を逃がさない、主人公をとらえる女たちを象徴しているようです。カナダのオンタリオ州にはMother Spiderというモニュメントがあるそうで、画像検索すると納得がゆきました。この映画の舞台・撮影地もオンタリオ州トロントです。女たち特に母を象徴しているのでしょう。

映画は実母からの電話で始まり、母からの伝言で終わります。そして、妻であるハンナも妊娠中。ふたりの母が終始登場します。主人公は母から逃れようとしているのでしょうか。

冒頭のシーン、授業では独裁者は情報を与えず、快楽を与えることでコントロールしようとする、歴史は繰り返すものである、という内容がリピートされています。これも映画の内容を示唆しているようです。独裁者=母、女であると考えてよさそう。

さえないAdamとやんちゃなAnthonyは別人なのでしょうか。まったく同じ姿をしている、同じように毛が生えていて、同じ傷がある。というのはあり得ないことなので、やはり同一人物が2つに乖離していると私は思いました。Adamが持っていた自撮り写真はHanna とAnthonyのものと同じことからも、別人とは考えづらいです。天然のブルーベリーが好きという点もヒントになります。(Adamは否定するけれど母は即座に否定しました。)

タレント会社の警備員の台詞にも、ヒントがありました。Anthonyは半年の間タレントエージェンシーに現れていない、そして、Hannaは妊娠6ヶ月。この符号は偶然ではないでしょう。

妻が妊娠したことで、自由を奪われると感じたAnthonyは、現実逃避としてAdamの生活をはじめて、愛人を持つようになった。それが無意識下なのでAnthonyもAdamも互いにそうとはわかっていない、という恐ろしい話。

最後には無事にAnthonyが消え、AdamとHannaの生活に戻るのですが、秘密の鍵を手に入れたことでやはり再びAdamの中にAnthonyが現れてくることを、Gyllenhaalの演技が示唆しています。授業で言っていたように、何度も繰り返す、ということでしょう。

ここまで考えるとあのラストシーンも納得いくというもの。一度目の鑑賞ではまったく理解できず、ぽかーんとしてしまいましたが。

なんとも哲学的で、こんな映画はそうそう無いと思わせるものでした。

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村


これから観たい映画はこれ

自分用メモですが、今後公開される映画作品で楽しみにしているもの。日本公開未定作品も含みます。

タイトル/Get Out 邦題/ゲットアウト 監督/Jordan Peele

コメディアンKey & PeeleのPeeleが監督した低予算映画、しかも米では大ヒット。10月末から日本公開も決まっています。てっきりコメディかと思いきやホラー、っていうのが気になってこれは見なければ、と。

タイトル/Blade Runner 2049 邦題/ブレードランナー2049 監督/Denis Villeneuve

最近、Denis Villeneuve(ドゥニ・ヴィルヌーヴとよく表記されていますが、自己紹介などではヴィノゥと二音節で聞こえます。謎)作品を立て続けにNetflixで見て、劇場でArrival(邦題メッセージ)も観て、すっかりファンになりました。特にEnemy(Jake Gyllenhaal主演)の出来には驚かされた。そういうわけで監督ファンとしてこれは楽しみ。

タイトル/The Killing Of Sacred Deer 邦題/未定 監督/Yorgos Lanthimos 主演/Colin Farrell

タイトルは聖なる鹿殺し。ギリシャから、ヨルゴス・ランティモス監督。この監督のファンなのです。前作The Lobsterを見て、その不穏さ、気持ち悪さに黒澤清監督作品を思い出してしまいました。Dunkirkで強烈な印象を残したGeorge役のアイリッシュ俳優、Barry Keoghanが主演の1人。売れてますねー。Colin Farrellとはアイリッシュ同士です。ちょっとYoutubeで2人の会話を見たらアイリッシュ全開で面白かった。日本で公開してくれるのでしょうか。

タイトル/Kingsman: The Golden Circle 邦題/キングスマンゴールデンサークル 監督/ 主演/Taron Egarton

エンタメ作大好き人間なのでこれははずせない。前作も良かったですから。

タイトル/Murder on the Orient Express 邦題/オリエント急行殺人事件 監督/Kenneth Branagh 主演/Kenneth Branagh

Dunkirkで久しぶりに観たケネスブラナー、これは監督&主演。英国の重要俳優がかなり多く出ています。12月公開。

タイトル/Three Billboards Outside Ebbing, Missouri 邦題/未定 監督/Martin McDonagh 主演/Frances McDormand

タイトルはエビング郊外の3つの看板。この辺は2017年トロント映画祭に出ているので日本公開はまだ先になるでしょう。なぜこんなに遅いのか。娘を殺された母が一人抗議するお話だそう。

タイトル/Call Me By Your Name 邦題/未定 監督/Luca Guadagnino 主演/Armie Hammer

アーミーハマーと美少年がイタリアでひと夏の初恋をする、ってプロットだけで切なくなりそうです。

タイトル/The Disaster Artist 邦題/未定 監督/James Franco 主演/Dave Franco

秀才っぽいJames Francoが弟とか親友とかを連れて監督した作品。おなじみSeth Rogenも出演。

タイトル/Sheikh Jackson 邦題/未定

エジプト映画。2017年トロント映画祭に出品された。マイケルジャクソンファンのイスラム教イマームがMJの死にショックを受けるお話だそう。なにそれ面白そう。でも日本公開は難しいかも。公開期待している。

タイトル/Mary Poppins Returns 邦題/未定 監督/ 主演/Emily Brunt, Ben Whishaw

米国で公開が2018年暮れらしいのでまだまだ先になりますが、Ben Whishawウォッチャーとしてははずせない。

映画『ベイビードライバー』を観た



これ、傑作です。

カーチェイスありのクライムサスペンス、と思ってみたら、色とりどりの音楽がずっと流れ、さながらミュージカル映画のよう。

主人公のベイビーは超絶運転テクを見初められ悪事に手を染めますが、悪いやつに見初められてしまったため抜けられなくなり、というストーリー。主演のアンセル・エルゴートは、コードネーム「ベイビー」の名のとおり笑っちゃうくらい童顔。運転シーンが多いせいか終盤まで気づきませんでしたが、実はすごい長身。てっきり最近のハリウッドの定番、英国新人俳優かと思いきや、おもいっきりNYカーでした。

音楽映画であるせいか、出演者も、ミュージシャンとしても知られるJamie Foxx、その他Flea, Sky Ferreira, Big Boiなど高名ミュージシャン。それぞれちょい役ですが。

主演のアンセル・エルゴートもDJとしても知られる音楽ファンであることから、キャスティングされるに至ったそうです。

それから、短い出番ですが、ジョン”パニッシャー”バーンサルも強烈な印象。

面白いビデオですが、歌も歌えるベイビーフェイス=アンセル・エルゴート。



これが気に入って、ほかのEdgar Wright作品をNetflixで探したらHot Fuzzがあったので観てみました。こちらもテンポがよく佳作でした。

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村


映画『パターソン/Paterson』を観た

映画『パターソン/Paterson』を観た




ニュージャージー州パターソンを舞台に、詩を書くバス運転手が主人公のストーリーです。

劇場は渋谷のヒューマントラスト。はじめての劇場でしたがこじんまりしていました。スタッフ手作りのPOPがあちらこちらに貼られていて好感がもてました。

客層は、年齢層高め(40-50代)でしたがいかにも渋谷に住んでいそうなお洒落系カップルが多く、あとは永瀬正敏ファンと映画ファンといった感じ。最近見た映画のなかでああいう客層はなく、面白いと思いました。

この映画、特に強いストーリーラインがあるわけでもなく、淡々と運転手の日常を描いたもの。特にアメリカ映画にありがちな起承転結がはっきりしすぎたものではないです。なにげない日常に小さな地震のような事件がおきますが、特にそれをきっかけに何かが一転するわけでもない。でも人生とはそういうもの。普通は続くものですね。

鑑賞後はいい映画を観られてよかったな、と思えるようなものでした。この映画を観たあとにはノートとペンを買いたくなると思います。

主演のアダムドライバーは、白人社会ではハンサムに分類されるのかどうか、いまいちわからない顔ですが、スクリーンに映える、絵になる顔です。911に影響されて18歳でマリーンに入ったそうですが、映画俳優になるべくしてなったような人ですね。ここ数年で彼の出ている映画を何本も観ています。

製作はアマゾンスタジオでした。マンチェスターバイザシーにしてもそうですが、大手スタジオがお金を出し渋るような良作品に出資する姿勢は素晴らしいです。


映画『Dunkirk/ダンケルク』を観た

映画『Dunkirk/ダンケルク』を観た



これは、映画といったらいいのか、擬似ドキュメンタリーといったらいいのか、深く印象に残った映画でした。決して楽しい映画ではありません。

いわば、緊迫する戦場を、観客も一緒に追体験するような。

アメリカ映画のようなわかりやすい起承転結があるわけでもありません。台詞もキャストも最小限で、ただ陸、海、空から見た戦場を圧倒的なリアリティで見せ付けられます。

主演のFionn Whiteheadはいかにも平均的なブリテンの若者といった感じ。この映画に適役です。個性が主張しないところがいいと思いました。ハリースタイルズも、本来はブリリアントな個性のある人だけれど、このスクリーンの中ではまるで目立たない1兵卒。映画プレシャスに出てきたマライアキャリーも、そんな感じだったっけ。いわれなければワンダイレクションだとは思わないでしょう。

ハンスジマーの音楽もお化け屋敷のように、緊張を増長させます。

上映中ずっと冷や汗をかいていました。こんな映画は珍しいです。

本来IMAXの65mmフィルムで撮影されたこの映画、ほとんどの映画館だと上下をカットした横長画面で上映しているそうですが、日本では唯一大阪エキスポシティでは上下をカットしない本来のIMAXで上映されているとのこと。これは、交通費かかってでも観にいきたいレベル。

久しぶりに観た純英国産映画、とてもよかったです。


6000円で映画を観よう(二子玉川109シネマズでグランドエクゼクティブシート)

2017_0806_15005600
映画は長らく1800円。シニア層なら1000円。女性は特定日なら1000円。会員特典で通年1100円で観られる劇場もあります。

私は、109シネマズの会員になっているのでときどきポイントを使って無料で観たり、会員向けに割引で観られる日もあります。

次のDoctor Whoが決定!OMG!



海外ドラマファン以外には意味不明な話題かも。

BBCで、次のドクターフーがとうとう発表されました。

Jodie Whittakerさん!

13代は初の女性ドクターとなりました。

女性や有色人種ドクターが推測されていた

12代ピーターカパルディの降板は先に発表されていて、ファンの間では次は誰になるかが盛んに推測されていました。ドクターフーの再開以来白人男性が演じてきたので、Ben Whishawやルパートグリントなど と並んで有色人種や女性のドクターも推測されていたのですね。

Jodie Whittaker

この人も一般にはあまり知られていないかもしれませんが、ドラマBroadchurchで主演の母親役で出ていたので、ドラマファンにはかなり知られた存在でしょう。Broadchurchでの演技は迫真、子を無くした女性の混乱や恨みを演じきっていました。



Olivia Colmanでもよかった?

Broadchurchといえば元ドクター(10代目)のDavid tennantが主演していたことでも知られています。ダブル主演だったOlivia Colmanも個人的に私のお気に入りで、次代ドクターにも噂されていました。Jodie Whittakerに満足ですが、Olivia Colmanのバージョンも見てみたかったです。(確か一話でモンスター役で出ているはず)

ショーランナーの変更

ショーランナーは2005年のシリーズ再開以来Steven Moffatが務めてきましたが、来期からChris Chibnallにバトンタッチされるようです。Chris ChibnallといえばBroadchurchのショーランナーですので、けっこう英国のテレビ界も狭い?そういえばBroadchurchには11代ドクターのアシスタントのArthur Darvillも出演していましたね。

BBCのニュースになっただけではなくリアクションビデオが次々とYoutubeにUPされています。私もはじめて知ったときはOMG!という感じ。今はウエルカム。日本での放映ももうちょっと早くなってくれたらもっといいのですが!

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
        
  • 1
  • 2

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
3 4 5 6 7
8 11 13 14
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[10/22 ブランド コピー]
[10/21 スーパーコピー]
[10/20 コピーブランド,]
[10/20 ま]
[11/27 シゲル&Bill]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア