大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

ベック 日本武道館公演を観た

PA230001長いキャリアなのに今が絶好調なのは稀有なことです。

エリカバドゥ ビルボードライブ東京公演を観た

2017_1012_18105700

会場


会場はBBL東京。キャパは300人ほど。そのうえ、普通は2ステージ/日のところ、今回は1ステージです。エリカバドゥのネームバリューを考えると、ステージが小さすぎるのでは、と思いましたが、昨年、今年のD'angeloのパシフィコ横浜、MaxwellのStudio CoastがSold outしなかったことを考えると、丁度いい落としどころなのでしょう。

Denis Villeneuve監督の3作品を観た。(ネタバレあります注意)



2013年の映画「Prisoners(プリズナーズ)」「Enemy(複製された男)」のネタバレを含みます。観ていない方は読まないでください。

映画、『Arrival(邦題:メッセージ)』を観て、Denis Villeneuve(ドゥニヴィノー)監督の映像美とか造形美に惹かれました。Netflixでは2017年9月時点でPrisonersとEnemy(邦題:複製された男)の2作品が公開されています。

JAL126 ITM-HND クラスJ

155
1時間前には空港着。特に空港ですることもないので保安検査を通ります。カバンに缶ビールが1本入っていますが、保安検査で申し出るだけで特に問題ないようです。

映画『Dunkirk ダンケルク』を大阪エキスポシティのIMAX次世代レーザーで観た

104
Dunkirk(ダンケルク)という映画は、ほとんどのシーンがIMAX65mmフィルムで撮影されており、普通のIMAX上映館では上下をカットして上映しているそうですが、日本では唯一大阪エキスポシティの109シネマズのシアター11では、IMAX次世代レーザー(IMAX with Laser)で、IMAX70mmフィルム上映、上下をカットしていないバージョンで鑑賞することができます。

114
ちなみに、このIMAX with Laser対応劇場は世界でもまだ50館程度しかないそうです。

115
そこで大阪までDunkirkを観に行ってみました。結果、観に行った甲斐がありました。映画好きな向きには納得できるかと思います。手に負えないほどの臨場感とでも言いましょうか。

劇場に入ると、劇場の大きさを感じさせる長い通路を客席まで歩きます。

120
客席に一歩入ると綺麗なライティングがされたスクリーンの大きさに驚きます。公式サイトによると、高さ18m超、横幅26m超の巨大スクリーンで、ビル6階分の高さがあるそうです。

P_20170924_212719
前のほうの席だと画面を追うのが大変そうです。私は真ん中あたりのExeシートで鑑賞しましたが途中から字幕を追うのが面倒になってほぼ原語で鑑賞しました。実は鑑賞2回目だから特に問題なかったです。

上映がはじまると1番はじめの市街地のシーンでまったく違う臨場感を感じることができました。

スクリーンが大きくて、視界がほとんどスクリーンになるので、ほとんど映画のセットの中にいるように感じます。これが臨場感の理由です。

東京で見たときはIMAXでもない小さいスクリーンで見ましたが、映画への没入感がまったく異なります。

市街地のシーン、そして空の戦闘機のシーンでこの巨大スクリーンの恩恵を一番感じました。小さいスクリーンではわからなかった細かいディテールもたくさん見つかりました。キリアンマーフィーの登場シーンが思ったよりたくさんあったこと、など。

巨大スクリーンなのに映像は驚くほど綺麗で、髪のひと房、ひと房までも鮮明に見られます。

この映画自体、ミニマムな出演者、台詞、ストーリーと、マキシマムなエキストラ、サウンドで、観客を戦場体験させるような作品であるので、この巨大スクリーンとの相乗効果は驚くべきものでした。

ハンスジマーの音楽も不安をかきたてるようなもので、すばらしい効果です。

エンドクレジットには、あるシーンで登場した小型船の名前がクレジットされていました。重要な登場キャラクターともいえる小型船、実際のダンケルクの救出で使われたものでしょうか。

はじめてのIMAX次世代レーザーは、映画体験の未来を見せてくれます。また気に入った映画があったら関西まで観に行きたいです。



来場者特典のクリアファイル。

2017_0924_23133100


にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

JL125 HND-ITM クラスJ

058
搭乗前日になると「ご搭乗案内」というメールが届きます。メールには搭乗に必要な「2次元バーコード」へのリンクが記載されていて、そのリンクをたどると、確認番号を入力するようになっています(JAL会員以外の場合)。

ライブ鑑賞予定

鑑賞予定

映画じゃなくて、ライブのお話です。予約済みのチケットがかなりあって、珍しいことなので記録しておきます。今回のMH搭乗でとりあえず予約済み(エアライン)チケットは無いので、ちょうどいいかな、と謎の解釈。

Erykah Badu


1公演43,000円という値段にびっくりして購入を躊躇っていたバドゥ公演ですが、ビルボードライブという小会場で世界のバドゥを観られるのは一生に一度かも、と悶々と悩んだ挙句、まだチケットが売っていたのと、すでに実施された公演のレビューがやたら良い(渋谷陽一がべた褒めしてた)ので、決心して買ってしまいました。もう4日前なのに整理番号20番台ですって。やばい。


Beck


日本武道館とStudio Coastで行われる今回の来日。できればライブハウスで見たかったですが、日程があわず武道館を購入。先日の中止になったJamiroquaiもそうだけど、大会場とライブハウスを組み合わせるのが流行ってる?あとになってコーネリアスのゲスト参加が発表されました。


Mitski


大注目している日系SSWのミツキちゃんがバンド編成で来日してくれるということで勇んでチケット入手しました。


Gabriel Garzón-Montano


米紙で昨年のベストアルバムに軒並み選ばれていて気になっていたガルゾンーモンターノのJardin、マレーシア航空の機内エンタメにあったので聴いてみたらすごく良かった。そして、タイムリーに来日公演が発表されたので、行ってみます。一番楽しみ。


Boyz ii Men


昔、まだ彼らが日本で流行っていたころ横浜アリーナ公演に行ったなぁ。その時はまだオリジナルの4人組、でも3人しか来日しませんでした。今回も奇遇なことに同じ横浜、パシフィコだって。

Alanis Morissette


特にアルバムを出すわけじゃないけど、来年1月に来日してくれるそう。この人も最初に見たのは武道館、今回はライブハウスです。でも、武道館でライブするような状況ってミュージシャンにとっては一種異様なのかも。粛々とライブハウスこなしてくれるくらい地道な活動がいいよね。

Paul Weller


すごくポールウェラーファンというわけじゃないのですが、会場がEx Theatreなので衝動買い。Paul WellerがプロデュースしたCarleen Andersonのアルバムは超絶よかったです。



にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村


カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[11/20 Free Android Apps Download]
[11/20 ロレックス偽物]
[11/14 コピーブランド]
[11/14 スーパーコピー]
[11/13 バレンシアガスーパーコピー]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア