忍者ブログ
Home > > [PR] Home > タシケントでアパート探し > こんな部屋には住めません

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんな部屋には住めません

先日、サマルカンド旅行から帰ると、部屋で大家が待っていた。何事かと思いドアを開けて部屋に入るとひどい状態になっていた。部屋は水浸しでぽたぽたと上から水が垂れている。壁の漆喰が剥がれて溶けて、部屋は白い粉を含んだ水で汚れていて、おまけに誰かが土足で歩き回った足跡だらけ。ショック。大家は「危険だから3日は電気を使わないで」とこともなく言う。

旅行で疲れていたし、部屋はひどい状態だし、大家はまるきり楽天的でへらへらしているし。

「もうこんな部屋に住めない!」

ここ最近の、水漏れがずっと放置されていた状態とか、それに伴うキッチンの使用禁止とか、階下の怒ったおばさんとか、ドアを壊された一件とか、うんざりしていたので部屋を出ることを決めました。次の支払いは11月一週目だったので、その際に一ヶ月分だけ支払って、12月の一週までに退去する予定とした。

そもそも、大家は無責任だし、職場に遠くて二本もバスを乗り継ぐし、公共料金は(騙されているのか)普通の人の4倍くらい払っているし、シャワーは常に壊れている、近所の人は怒鳴り込んでくる、別の近所の人は顔を合わすとお金を乞うし、窓枠がひどく開いていて隙間風、ときには隙間雪が室内に積もるし、あちこち露出した電気コードのおかげでしばしば電気ショックだし、ぜんぜん、この部屋に住む理由がない。
PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア