Home > 任期4 > アゼルバイジャンカだったの?

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

アゼルバイジャンカだったの?

普段から仲良くさせてもらっているロシア人の先生がいて、私はずっと彼女がロシア語を話すのしかみたことが無かったので、ロシア人かタタール人なんだろうな、と思っていたら、ある日流暢にウズベク語を話すのを見て驚きました。
 
「グザルさんウズベク語はなせるの?」
 
「もちろんよ、だって私はアゼルバイジャン人だもの」
 
「えー、へー」
 
「ウズベク語、アゼルバイジャン語、ロシア語、英語で話せるよ」
 
周りの人のことわかったつもりでもまだ知らないことがずいぶんあるんだな、と改めて思いました。
 
この前の、表情の暗い青年もチェチェンにルーツ(の一部)があると言っていたし、この人はアゼルバイジャンだし、私が知らないだけで、タシケントにもかなりカフカス人が住んでるんだな、と思いました。

コメント

コメントを受けつけておりません。

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア