Home > 任期4 > 電球が切れたんですが

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

電球が切れたんですが

台所の電球が切れたんですが、なんとも大変なことになってしまって、書いて見ます。



こういう状態で、電球のガラス部と金属部が取れて、金属部だけソケットに残ってしまったのです。

1.電球がきれた
電球が切れるのはよくあることなので、驚かなかったので電球を買いに行きました。

2.ランプシェードがはずせない
ランプシェードがガラス製の古そうなもので、いったいどうやってはずしたらいいのかわかんない。暫く迷ってから、ねじ込み部分をやっと見つけて取り外しました。

3.電球が壊れた、電球が抜けない
電球をまわしたら、電球の「ガラス部分」だけがスポっと抜けてしまいました。ソケットには電球の根部分だけが残り、なんとも言えない表情になりました。

4.スイッチの位置がわからない
ということは、今250ボルトの電流が無防備に露出しているということで、これは大変。スイッチを切れば電気は流れていないんだけど、こちらの電気スイッチってどっちがONでどっちがOFFかわからないんです。だから、安全な作業のためにはブレーカーを落とさないといけない。


どっちがON?
ちなみにうちは、上がONの場所と下がONの場所が混在していて、決まりは特にない。

ブレーカーも同じスイッチが4つ並んでいてどれがうちのだかわからないっていう、状態ですが、これは前回落ちたときに確認済みなので、ブログにメモしておいて良かった(右から二番目)。

5.ペンチが無い
ブレーカーを落としたら、手を突っ込んでソケットに残った電球を抜かないといけないのだけれど、案の定抜けませんでした。ラジオペンチを使って抜かないといけないけど、そんなものは持ってないし、職場にも大きいペンチしかなくて、しょうがないから買いに行きました。

ニッパーを持ってるS君が、これでやれば??と強引に貸してくれそうになりましたが、断りました。なんでも前に同じ状況になって、彼はニッパーで挟んでなんとかはずすことが出来たそうです。ザ・用途外。

6.まわらない
数日後、無事にラジオペンチを買って、再びブレーカーを落として電球を抜こうとしましたが、固くてなかなか回らなくて、苦心したけど、10分くらい色々試してやっと抜くことができました。

これを

7.新電球が入らない
ようやく、新しい電球を入れることになりましたが、ソケットのほうがもう「ばか」になっていて、なかなかねじ込みできませんでした。ねじ込めたと思ったら、深さが足りてなくて点灯しなかったり。そのたびに外にブレーカーを入れたり切ったりしに行って。

8.ランプシェードが
ようやく点灯を確認できて、ランプシェードを戻せることになったけど、ランプシェードも変な形をしていて、電球がはみ出すんですよねぇ。だから電球ソケットを動かして内向きに直して、きちんと収まるようにして・・・

ようやく終わりました。思わずビール開けちゃうくらい面倒くさかった。

いちじがばんじ、この調子なのだもの、この国の(たぶん旧ソ連圏の)男性たちが、なんでも自分で直す、修理できる人になるのも納得するなぁと、改めて思ったのでした。モノがとにかく壊れやすいんだよな。




コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 4
6 7 8 9 11 12
13 14 15 16
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[11/27 シゲル&Bill]
[11/26 シゲル&Bill]
[10/28 シゲル&Bill]
[10/21 シゲル&Bill]
[10/20 シゲル&Bill]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア