Home > 任期4 > Отчего вы всегда ходите в дуппи?

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

Отчего вы всегда ходите в дуппи?

「あなたはなぜいつも黒をまとうのですか」

「わたくしは自身の人生の喪に服しておりますの」

チェホフのこのセリフとても情緒的だと思います。

^^ ^^

タシケントに来た頃には、見知らぬ通りすがりのウズベクの人に英語で助けてもらったり、行く先々で「どっから来たの?」と言われたりしたのだけれど、最近買い物しても、タクシーに乗っても、なにをしてもほんとにスルーされるようになってしまいました。
昨日は散髪にいったら、
「あら、あなたロシア語苦手なのね?」
といわれ、
「どうして(パチムー)ロシア語が苦手なの?」
と聞かれたので、
「いや、外国人っすから」
といったら、わからない、近所の高麗人かと思ったわ!と言われました。
私の容姿や肌の色もかなりローカライズされてきたのだろうか。
挙句、最近ドッピをかぶって外出するようになって、電車に乗ってもバスに乗っても、あまりにリアクションが無いのが不思議で、さすがにこの顔でドッピかぶってたら変じゃない?って自分では思うのですが、かなりスルーされます。(私のことを外国人と知っている同僚などは大笑いする)
別に私のウズベク語もロシア語もそんなに上達していないし、ケルヤプマンを、タシケント弁でケーヲッマンとか言ってないので、腑に落ちないです。

日本だと日本語の下手な人があまりいないんで、日本語が下手なだけで外国人だと思ってしまうんだけれど、この地では昔からいろいろ人の行き来があるので、ちょっとウズベク語が下手なだけでは外人と思われないのかもしれないし、どっかほかのテュルク系の人だと思われるのかもしれないです。
もしくは、タシケントとサマルカンド、ホラズム、フェルガナでもかなりウズベク語の方言が違うみたいなので、タシケントで変なウズベク語を話すくらいでは外国人だとは思わないのかなぁ。
いちいち注目されなくなって安心する気持ちがある一方で、現地の人に間違えられて(溶け込むことができて)うれしいみたいな気持ちもとうになくて、2年前みたいに外人、外人とちやほやされてた頃が懐かしいような気もする今日この頃。たまにはチヤホヤされたいなぁ。

と思う昨今です。

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 4
6 7 8 9 11 12
13 14 15 16
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[11/27 シゲル&Bill]
[11/26 シゲル&Bill]
[10/28 シゲル&Bill]
[10/21 シゲル&Bill]
[10/20 シゲル&Bill]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア