Home > 未選択 > 悪態君

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

悪態君

ヴィエンチアンの宿は、メコン川沿いに泊まることは決めていて、来てみたらツーリスト向けの安いホテルがたくさんあるので、数カ所見てから決めようと思いました。

一軒目は600バーツ。設備も可。「ちょっとよそも見てきますね、ありがとう」というと、10代らしい男の子のフロント係が、あろうことか、私の背中に悪態をついた。

そういうお年頃なのだし、安いホテルに従業員教育を期待してるわけじゃないし、そんなことはありがちなことなので、「いま、おれに悪態ついたね?」の視線をちらっと送っておいた。

結局3軒みて、どれもぱっとしなかったので一軒目に戻り、先ほどの悪態君に、「おたくにするね」といって。

なんとなくバツが悪そうにして、「明日はどこに行くの?バスの手配もできますよ、電話で聞いてあげましょうか?」などとサービスが良かった。

結局、彼の手配するバスは高すぎて(かなり)、お断りだったけど、どうも憎めない悪態君であった。


やっとついたヴィエンチアンは美しすぎて寛大なきもち
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
2 4
11 13
15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[05/24 a級品]
[05/23 オメガ]
[05/22 カルティエ 時計 レディース 中古]
[05/22 グッチ gg バッグ]
[05/22 カルティエ 結婚指輪 文字入れ]

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア