Home > 未選択 > サワナケートからヴィエンチアン

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

サワナケートからヴィエンチアン

トゥクトゥクで空港に向かいます。



20000キープじゃないと行かない、遠い、と言われて、高いと思ったけれど、バーツにしたら100以内なので別に高くなかった。値切ってすみません。

赤土の未舗装の道路を土埃あげながら空港へ。

たどりついた空港。牧歌的。



そして衝撃を受ける。

無人。

チェックインカウンターも、チケットオフィスも、イミグレも無人。人っ子一人いません、咳をするとむなしく響く。


むじん~


むじん~


むじん~


むじん~

一瞬、何か間違えたかと思って、発着リストを見に行った。

この空港は4便しかこないらしい。そして、私の乗る予定の便qv224は、到着便と書いてある。え!



いちおうエクスペディアで予約したけど、エクスペディアでもそういうミスがあるかもしれないと思って、予約確認メール二度見しました。

グーグルで便名検索すると、この便はどうやらバンコク発、サヴァナケット、パクセ経由ビエンチャン行きだそうで、いちおうあんしん。

それにしても人がいない。不安になる。

2時50分発の便で今は1時なのでもう二時間切ってるし、と思っていると、空港のVIPラウンジ兼カフェに人影が。

営業してないと思ってたけど、ウエイトレスの女性がいるではないか、急いで入って、コーヒーを注文して、つたないタイ語で聞いてみると、

「1時半になれば人は来るわよ、それまでここで寝ててもいいし、ソファーもあるわよ、ボーペンニャン」

とのこと。どうやら、私が 早くきすぎたらしいよ。

コーヒーを飲んで待っていると、1時半頃になってようやく、制服の入国管理官とか、ラオ航空の職員が三々五々集まりだした。搭乗客らしい人も数名。

ここでは離陸1時間前行動なのだな。

チェックインカウンターも、1時半頃になってあいたので、無事チェックイン。無料の携帯SIMカードを配布してたので、もらった。

「ラオスで使えるSIMカードでしょ」と訪ねると、ラオ航空の職員が苦笑して、「タイでしか使えませんから」って。あれね、あきらめのほほえみ?

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[09/21 名無しのリーク]
[09/19 コピーブランド]
[11/27 シゲル&Bill]
[11/26 シゲル&Bill]
[10/28 シゲル&Bill]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア