忍者ブログ
Home > > [PR] Home > 2014旅行 > マンガみたいな台北

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マンガみたいな台北

まるでマンガみたいな風景



大学生くらいの男の子が、遠くから「どんいーしぁーー(ちょっとまってー)」と大声で叫びながら全力で走ってきました。

基隆という台北の郊外にある港町でのこと。台北行きのバスがいまにも発車しそうなところで、そこへ手を振りながら走ってきたようです。

バスはきちんと止まって、一度閉めたドアをあけて、また閉めて発車してゆきました。

その一連のできごとが、まるでマンガみたいで、妙におかしかったです。

外国人ツーリストが写真を撮っていれば、歩行者は前を横切って邪魔しないように、しばらく待っていてあげるし、おばさんが喫茶店にバッグを忘れたのを、店員が追いかけていく風景など、マンガみたいな情景をよく見ます。

台北に来るたびに、ずいぶん長閑な場所だよなぁ、と思います。

上海のように、つねに生き馬の目を抜くような、必死さもないし、バンコクのように、常にだまされそうな猜疑心もなく、ここの人たちは、とても無防備に生きているような気がしてしまいます。

私のような漢字のわかる旅人にとっても、なんともストレスフリーな、気が抜ける街で、その点刺激が少ないかもしれないけれど、一度はゆっくりと、ストレスの無い旅をしてみようかな、と思ってます。

まだ台湾をゆっくり旅行したことがないので。

今日は新北投にある露天風呂に浸かりにいきました。ソロツーリストだとモノを取られるような心配が常にあるので、裸になる場所には行きづらいのですが、ここはロッカーが温泉の湯船から丸見えの状態なので、これではロッカー荒らしもできないでしょう。うまくできてる。
PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア