Home > カタール航空 > 日本の映画配給会社に期待するより海外の航空会社で先取り

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

日本の映画配給会社に期待するより海外の航空会社で先取り

4月に乗ったカタール航空のエンタメの、映画ラインアップを改めてみてみたら非常にすごいと思うことができました。

224_2
例えば、



Hacksaw Ridge(ハクソーリッジ 日本では6月公開予定)

Fences(日本では公開未定)

Manchester by the Sea(マンチェスターバイザシー 日本では5/13に公開予定)

Arrival(メッセージ 日本では5/19に公開予定)

と、日本ではまだ公開されていない映画が4月の時点で観放題になっていたこと。

いずれもアカデミー賞で話題になり、米国では2016年に公開されている作品です。

なんでこういうことになるかというと日本での公開が遅すぎるか公開されないか、という要因があるので、日本の配給会社はカタール航空に完敗しています。QRのつめの垢を煎じて飲んでほしい!



特にデンゼルワシントンとヴィオラデイヴィスが熱演してアカデミー賞にノミネートFencesがまだ公開未定というのは恥ずかしいこと。また、カタール航空のラインアップには入っていませんが、やはりアカデミー賞で高評価であったHidden Figures(私たちのアポロ計画)が米国では2016年に公開されているにもかかわらず、日本では2017年の9月に公開と、遅すぎる有様ですね。日本では白人男女が恋する映画は早く公開されるのに黒人が主人公だとそんなに遅いのか、と勘ぐってしまいます。タイトルのHidden Figuresは隠れた功労者という意味があるのでしょうが邦題が私たちのアポロ、というバカっぽいものなのも、私は納得できません。



カタール航空から話題がそれてしまいましたが、日本の配給会社が遅いのなら海外の航空会社に頼るのも一手なので、今後もカタール航空で最新作をチェックしてゆきたいと思います。安いエコノミー席で最新作を鑑賞できるなら、変な試写会よりマトモなのです。



明日はハンケチ持ってマンチェスターを観にいくよ。


コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
11 12 13 14 16 17
18
25 27 28 29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[06/26 カルティエ ウェディング]
[11/27 シゲル&Bill]
[11/26 シゲル&Bill]
[10/28 シゲル&Bill]
[10/21 シゲル&Bill]

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア