忍者ブログ
Home > > [PR] Home > 2018_HKG > 台北桃園空港のキャセイラウンジ

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

台北桃園空港のキャセイラウンジ

DSCF7437
今回、CX450を使いました。香港から台北を経由して成田へ向かう便で、直行便が数ある中わざわざ時間のかかる経由便を使うのは今回は我々2人だけだったようです。

なぜその便にしたのかというと、同価格で選べる便の中で時間が遅かったから。直行便で朝9時よりも経由便でも10時発のほうが楽だからです。

台北ではいったん降機して、保安検査を通って再度搭乗するので、実際に台北の空港で過ごす時間は30分程度と短いです。今回は保安検査が空いていてほとんど客がいなかったので、すぐにDepartureに行けました。

香港の空港で、台北のキャセイラウンジのインビテーションを貰っていました。しかし30分程度なのでまともに利用する時間は無かったのですが、話のタネにというだけで行ってみました。

DSCF7438
とても広く、豪華なラウンジで噂のヌードルバーもあるし、朝で利用客もほとんどいませんでした。もっとゆっくり滞在したかったけれど、ゲートまで距離があったし、香港で飲めなかったシャンパンを2杯だけ飲んできました。

DSCF7439
台北のキャセイラウンジって主に台湾から香港へ向かう旅客が利用するもの、日本人がゆっくり利用する機会はあまりなさそう、とそのときは思っていましたが、キャセイは台北ー成田を飛ばしているし、その路線はビジネスでも安いので、台北に行くときにキャセイを利用すればあの豪華ラウンジが使えるということ。台北、行きたくなってきました。

DSCF7440
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア