Home > 任期2 > 血の滴るステーキ

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

血の滴るステーキ

先日、塊肉を買ったので、ステーキでも食べてみようかと思って、フライパンをあたためた。

ステーキ肉というわけじゃないけど、脂身の白い新鮮そうな牛肉だし、適当にステーキサイズにカット。

厚みがあるので火がちゃんと通るか心配だったので、常温に戻した肉の表面だけ強火で焼き付けたら、その後は弱い火で暫くあたためる。

もういいかな、と思ってお皿にあげて、茄子の素揚げをつけあわせに。

切ってみると、表面を焼かれて閉じ込められていた肉汁がじゅわー、と。うまー!

でも、ウズベキスタンでは半生肉を食べたりしないし、市場で半分常温で売ってるような肉だから、大丈夫かなと思って食べたけど、今回はなんともありませんでした。ステーキ用の肉でなくても、新鮮な牛肉なら適度にカットしてミディアムレアで食べられるんですね。勉強になりました。そして当然、今後もリピート。

付け合せを考えるのも楽しみ。焼いたトマトとか、蒸したジャガイモもいいし、素揚げの茄子は思いのほか肉に合った。
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
11 12 13 14 16 17
18
25 27 28 29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[06/26 カルティエ ウェディング]
[11/27 シゲル&Bill]
[11/26 シゲル&Bill]
[10/28 シゲル&Bill]
[10/21 シゲル&Bill]

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア