忍者ブログ
Home > > [PR] Home > 任期3 > あっちいけ、って言われたらまあ悲しい。

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あっちいけ、って言われたらまあ悲しい。

こういう話題を書きたかったら当然、事実関係を明らかにしないといけないことだと思います。彼が言っていたことを私のロシア語力では完全に理解していたわけではないです。

背景としては、タシケントのベトナム料理店Hanoiで、私たちが23年度1次隊の送別会を、19時から始めましたが、店内には別の30名くらいのグループがいて、彼らは17時からウォッカを飲んでいた=19時の時点で彼らはけっこう酔っ払っていた。

一人のおじさんが私のところにやってきて、こう言いました。

「日本人と会えることなんて珍しいことなので、嬉しくて話しかけたんだけれど、両手でこうやって(拒絶のジェスチャー)「あっちいけ」って言われた。だからとても残念だった。」

私も、彼と同じくとても残念な気持ちになったので、その場では彼に悪いことをしたと、お詫びしたのですが、その後どういう風にこうなtったのか考えた。

(事実として)隣のグループは私たちが集合した時点ですでにウォッカで酔っ払っていたし、好色なおじさんたちが「君たちのグループのお嬢さんと一晩でいいから遊びたい」と申し出てきたことからもわかるように、そんなにモラリストではなかった。つまり、私たちにとっては迷惑な、酔っ払いのおじさん集団だった。でも、ウズベキスタンでは駄目もとで無理なお願いするようなのは普通なことなので、そんなこともあるだろうと思う。

件の、両手で拒絶されて悲しかったおじさんは、無理なお願いをしてきたおじさんとは別の人でした。

もし本当に日本人に興味があって話しかけたっていうだけで、両手であっち池!っていう拒絶のジェスチャーをされたら、私がその立場でも悲しいと思います。

たとえ迷惑な酔っ払いのおじさんだったとしても、相手の尊厳を傷つけないような拒絶の仕方はあるはず、なんだけど、協力隊員がそれを出来るかといったら、なかなかそうでもなくて、もっと直截的な拒絶のジェスチャーをしてしまうようなケースはよく目にします。とりあえず肩を抱いて、話を聞いてあげるっていうのは大事だと思うんだけど。

そういうときに、やっぱり協力隊員でも、自分たちは先進国からやってきた偉い人たち、っていう驕り?みたいなものが見え隠れしてしまうな、と思うこともあります。

断るにしても、もっと波風を立てない断り方というのがあるはずで、特に誇り高いウズベクの人たちを相手にしたときに、相手を傷つけないような断り方をできればよかったのに、と思いました。

でも、私は男性だけど、女性と男性でも対処の仕方が違うと思うし、どうするのが最善なのかっていうのは、まだちょっとわかりません。人によっていろんなオピニオンもあるんじゃないかと思います。
PR
コメント
1.無題 あっさむさん (2013/12/30 08:16)

酔っぱらいの程度にもよりますけど、あまりにしつこくない限りはちゃんと対応したいですよね。
おつかれ様ですん

Re:無題

こんにちは、コメント有難うございます。程度は、正直言って悪くって、相当ウォッカお召し上がりになっていたし、柄の悪いことを言ってる人もいたんですよね。なんか。幹事だったので過度に気になってしまって。

  • Taro
  • 2013/12/31(Tue.)

コメントを受けつけておりません。

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア