Home > 任期4 > LANケーブルの敷設

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

LANケーブルの敷設

昨日ポリクリニカ(診療所)のソ連建造物にごりごり穴を開けた続きです。
 
今日は、LANの線を部屋から部屋へ・・・
 
50mの廊下に、ケーブルを打ち付けてゆきます。とんかち片手に。
 
はじめはおっかなびっくりだったけど、はじめてすぐに俺こういう仕事すごい好きなの思い出した。子供の頃から工作好きだし、父も内装屋さんやってるくらいだから父譲りなのかな。
 
日本人らしく一本一本丁寧に釘を打ち込んで、綺麗に仕上がったときの喜びひとしお。
 
パートナーのはずのA君が部屋に私の荷物を入れて鍵を閉めたまま行方不明になったりするハプニングもありましたが、午前中で3階部分を終了した。
 
ケーブルテスタがあれば、ケーブルのリンク確認が楽なんだけど、そういうのが無いのでつないでPINGで確認しました。次回はケーブルをおいたらすぐにどう通確認して、確認が取れてから壁に固定しないと、後からリンク切れが発覚したら泣くに泣けないからね。
 
A君がたばこを吸いにいこうというので、5分前に吸ったから要らないよ、というと、どうして俺に教えてくれなかったんだ、と怒る。俺とお前はパートナーじゃないか、と。
 
わかるよ、わかるんだけど、タバコ一本吸うためにわざわざどこにいるかわかんない人に電話して、待ち合わせして仲良くタバコ吸う、みたいなことしたくないから、タバコくらい一人で吸わせて欲しい。パートナーはわかるけど、パートナーなら何も言わずに姿を消して電話したら職場に戻ってたとか、そういうことはしないだろ、ふつう。今日もつっこみどころ満載のア○○ル君でした。
 
今日の仕事を終えて職場に戻るとテスト中の大学院生のS君がいて、ケーブルの敷設をあなたか自分でやったのか?と聞くので、そうだよ?というと、あなたがそんな仕事をするのはピティーだから我々にさせて欲しい、と悲しい顔で言われた。だいぶ年上の外国人の専門家にそんな汚れ仕事をさせるのは自分の恥、とでも言いたげで、なんと心の優しい青年なんでしょう・・・。おれに仕事させて自分は彼女と電話こいてる某Aとは大違い。
 
でも、私はそういう仕事がすごく好きだし、正直に言うと、俺がやったほうが綺麗に仕上がる気がするんだよな。そういうときどう丁寧に断ればいいんだろう。おじさん、そういう仕事だって喜んでするから、テストに専念しててくれていいんだよS君。

コメント

コメントを受けつけておりません。

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア