Home > 未選択 > 堕ちた天使の街

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

堕ちた天使の街



バンコクの廃人窟でビールを飲んでいました。
 
女がたびたび私のライターを借りにきて、その女の格好からすぐに、たちんぼ系の人だとわかったけれど、バーツはあまっていたし、バンコク最後の夜だし、たちんぼの女の身の上話を聞くのもいいかも、と思ってビールをおごることにしました。
 
聞くと、私と同じ年で、私が一年間住んでいた場所の近くの出身の、東北タイ人。私にとってはイサーン方言が話せる仲なので、すっごく盛り上がりました。
 
彼女は20年前に、タニヤという日本人御用達の風俗街で働いていて、当時はよくモテたそうです。今でも、タイ人の女性にしてはスリムで、色艶も保っていましたけど、やっぱり40歳という年齢なので、もうそういう場所では働けなくなったそう。
 
一度、日本人を相手に身ごもってしまって、産んだ息子は、子供がいなかったその日本人夫婦にとられて、会うこともできないのだそう。
 
そういう人は一般的に、同情を引くためにそういう哀しい身の上を語るものなので、噓か本当かはわかりませんが、ビールを飲んでいくうちに、多分本当なんだろうな、と思うようになりました。
 
余談ですが、タイのセックスワーカーの女性・男性は、チップを得るために、いろいろと噓をつきます。
 
「私、二週間前に働き始めたばっかりで、何も知らないのよ」
といいますが、多分何年かずっとそういってるのだと思うし、
 
「あなたをひと目みただけで好きになっちゃった。どうしよう、キスしてもいい?」
などと言うが、たぶんちゃんと恋人はいて、仕事がはけたら冷めたカオをして恋人の待つ家に帰るのだろうし、
 
そんな営業トークを聞きながら、「うそつけ!」「冗談きつい!」と思いつつ、騙されたふりをするのも一興なのかも。
 
おもいのほか、楽しくお酒を飲めて、暫定的な彼氏らしいイタリア人男性も合流して、テキーラ、テキーラ
 
でも、彼女はかなり、恨みをためている女性だったらしく、あるヨーロピアンが店にきたとたんに鬼の形相になって、喧嘩を売りにいきました。そっから先の流血騒ぎは先のブログに書いたけれど、とんだバンコク最終日になりました。
 
そんなこんなで、タイの最後の一週間で出会ったタイ人たちは、もう、いい加減にせい!といいたくなるような人たちばかりで、でもなんだか、憎めないし、救急病院のお金払ってあげたけど、もう私のことなんか忘れて、頭に包帯巻いたままいつものようにカモを探していることでしょう。
 
(たぶん、私が救急病院に連れていかれた理由は、誰も金をもってないから、財布がわり。でもいいんだよ、それで。)

こちらもあわせてお読みください。そういうことを思ったのはこの出来事がきっかけです。

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[12/15 replique bague bulgari b zero]
[12/01 コピー専門店]
[11/30 スーパーコピー]
[11/29 時計ブランドコピー]
[11/29 ルイヴィトン偽物]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア