Home > 未選択 > 救世主なのか

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

救世主なのか

ニシコリさん、すごく立派だったと思うのだけれど、私にはチリッチというファミリーネームが世界のどこかにあるのだ、というほうが面白かったです。だってチリッチですよ。
 
ひねくれてるかも知れないけど、ニシコリ選手という個人の栄誉なのであって、日本人の栄誉でも、日本人が立派なわけでもないと、まず思います。それから、13歳から米国に住んでトレーニングされていたということで、ということは、プレイヤーとしての彼は米国に育てられてるんだな、と思いました。
 
ところが、日本の新聞、テレビを見ていると、どうも日本人を強調しすぎな気がして、ちょっといやになるんですよ。マトリックスにおけるネオみたいな、まるで日本の救世主があらわれた、と言わんばかりの報道だから。
 
それから、視聴者の声みたいなもので、「勇気をもらった」「感動をありがとう」っていうのですが、それもちょっと勘弁。ニシコリ選手の試合を見るだけで、勇気が沸いて、今までできなかったことができるようになる?私はありません。あと、「感動をありがとう」って誰が言い出したのかわからないけど、感動って、「はい感動一丁どうぞ」って貰うようなものではないと思っているので、「感動しました。」でいいんじゃない?私は感動しませんでしたが。
 
新聞もテレビもシャットアウトしてしまったほうが、心がフラットを保てるでしょうかね。

コメント

コメントを受けつけておりません。

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア