忍者ブログ
Home > > [PR] Home > ロシアンポップス > 魅惑のロシアンポップス СЕРГЕЙ ЛАЗАРЕВ "ЭТО ВСЁ ОНА"

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

魅惑のロシアンポップス СЕРГЕЙ ЛАЗАРЕВ "ЭТО ВСЁ ОНА"


СЕРГЕЙ ЛАЗАРЕВ(セルゲイラザリェフ) "ЭТО ВСЁ ОНА"(全て彼女なのだ) ( Sergey Lazarev)

3年くらい前にロシアンポップスをチェックしていたころ、やはり2大歌手はセリョージャ(セルゲイラザレフ)とヂーマ(ビラン)だったのですが、今でもこの2人が君臨していました。あとはアレクセイ(ヴァラビヨーフ)がやはり頭一つ抜きんでているのと、イゴールクリードはどうかなあ。今回違っていたのは過去一介のラッパーだったティムールユヌソフ(Timati)がどうもロシアのJay Zを目指しているようで、自分のレーベルBlack Starから多くの新人をデビューさせていてかなり大物になっていたこと。

セルゲイラザレフも長いキャリアですっかりロシアのジョージマイケルみたいになっていて、もっと羽ばたいてほしいです。PVにおいて自分をとことん素材にしてゲイ、もとい芸を追及するさまはもはやアニーレノックスの域かと。

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村
PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア