忍者ブログ
Home > > [PR] Home > 2017_Moscow > ロシアで音楽CDを購入

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ロシアで音楽CDを購入

ams319_R
ウズベキスタン在住時代からロシアのポップスが気になっていて、気に入った歌手も何名かいるのですが、日本ではCD購入ができません。それならロシアで、ともくろんでいましたが、なかなかそうもいかず。



どうもロシア語圏では日本のような著作権意識がないようで、好きな音楽、ドラマがあればネットのどっかからMP3をダウンロードするのが主流になっているようでした。街にはCDショップのようなものがありません。もしくはテレビの音楽チャンネルを観るような楽しみ方をするようで、ホテルで見られるテレビには音楽チャンネルが2つもありました。

それでもどこかにあるはずのCDショップを探してみました。

ネットで調べて撃沈

はじめにGoogle MapでモスクワのCDショップを探しました。2軒ほど見つかって、徒歩で行ける圏内だったので小雨降りすそぶ中、行ってみることに。英語でもユーザーレビューがあり、かなりの音楽が揃っているとのことだったので期待します。

大通りから一本入った住宅街の中、半地下の位置にありました。看板も小さく、通りから店内は見られないのでちょっと入りづらい状況でした。

扉を開けるとロシア人男性が店番しています。ほぼ倉庫みたいな店内で、それでもきちんとインデックスどおりにCDがかなりディスプレイされています。ほとんどが欧米の各種ジャンルの音楽CDで、ロシアのCDコーナーは棚一つ分、ほとんどありませんでした。置いてあるのはソ連時代のロックバンドや、新しくてもせいぜい2000年頃までのもの。比較的、海外にも知られたロシアのバンド、歌手のCDが多いです。これは違う。私がほしいのは今の若者が聴いているような最新の音楽なのです。

欧米の音楽の品ぞろえはかなりのものでした。中でも日本語の帯がついた日本版CDがかなり多く置いてありました。日本は実は、音楽CDのファンには人気があるようで、なんでも欧米でCD化されてない、もしくは廃盤になったようなものでも入手できるのでそのために来日する人もいると聞いたことがあります。どうやら、この店はそういったロシア人のマニアな音楽ファンが海外の音楽を買い求めに来る店だったようです。



ブログで調べて発見

半ば諦めて、日本語のブログを検索してみると、モスクワでロシアのポップスCDを買い求めた日本人のブログが見つかりました。

こうして体験をネットに残してくれることのなんと有り難いことか。私もそうやって他者が自分の情報を参考にしてくれることを期待してブログを書いているのです。

情報によると、モスクワの秋葉と言われるgorbushka/горбушка (がるぶーしか)の2階には音楽CDショップが揃っているとのこと。行ってみましょう。

ams487_R
これがロシアのアキバ

メトロで秋葉原へ

宿泊していたArbatskii/арбатский から最寄りのbagrationovskaya/ багратионовская駅(ばぐらちおーなふすかや駅)までは水色のメトロ4番で1本で行けます。旅行者が使いがちなメトロよりも生活感があり、駅も日本の鉄道駅に似ています。

ams484_R
bagrationovskaya駅を出ると左手へ、人々がぞろぞろと1方向に歩いてゆくので、一緒についていくと、郊外の大型スーパーのようなビルが見えてくるので、それがgorbushka/горбушка ショッピングモールです。

懐かしいウズベク人が多いです。店員なのでしょうか。1階は各種電気製品売り場、2階はソフトウェア等売り場になっているようです。一言で言うと、問屋街です。CDショップも大小様々あり、それぞれ洋楽が多い店とかロシア人のCDが多い店とかあるようです。一番売り場が広くてロシア音楽が前面に出ている店を選びました。

ロシアの店は、自分で手に取って探すスタイルではなくて、店員に希望を伝えると品物を持ってきてくれるスタイルなので、片言のロシア語ですが自分の希望を伝えます。あらかじめ、欲しい歌手のリストを作ってあったのでそれを見せたりします。

すると、隣の店から若い店員を連れてきてくれました。特に英語が話せるわけでもなく、ロシア語だったので、きっとロシアの最新ヒットに詳しい人を連れてきたのかと。

この若者、長髪の金髪でいかにもオタク然としていて、かつすごく商売熱心、熱い感じでした。畳みかけるように私の希望を聞いて、次々とCDを持ってきてくれます。「次はだれが欲しい?俺が持ってきてやる!」といった感じ。

値札がついているのでボラれる心配はしていませんでしたが、結構値段がします。ヒットしたCDだと廉価版で500ルーブル(1000円弱)くらい、オリジナルのCDだと1500ルーブル(3000円ほど)なので、日本とあまり変わらず。中には3000ルーブル(6000円)の値札がついているものもありました。さすがにそれは購入見送り。一般消費者がおもにネットでダウンロードして音楽を買うようだと、物理的なCDを買うのは法人など特殊な層、になるので、値段が上がるのは仕方ないこと。それに、お金を出せる人ならiTunes等で曲単位で買うようです。

全部で5枚、4800ルーブルほど購入しました。しかし、現金の持ち合わせが3000ルーブルしかなくて、「ちょっと両替してくる」というと、ドルでもいいよ、ドルで払ったらお釣りあげるから」とのこと。

すぐに店員がどこかに行って交換レートを聞いてきて、だいたい当日5500ルーブル=100ドル程度だったのですが、100$払って1000ルーブルの釣りをくれました。多少ディスカウントしてくれたようです。

「欲しいものが揃いました、ありがとう」と伝えると、「こちらこそ、ロシアの音楽に興味を持ってくれてありがとう」と。「приходите, да? (また来てくださいね)」と暑く見送られました。良い体験でした。

面白かったのは入店したとき、フラシカ(USBディスク)で買う?ディスクで買う?と聞かれたこと。USBで買うということは店の在庫をリッピングしたものをコピーして販売ということだろうから、それは著作権的にいいのかと、思いましたがまあロシアですからね。

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア