Home > 旅行の計画 > ウラジオストクへの行き方

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

ウラジオストクへの行き方

ウラジオストクへの電子ビザ導入で1週間前に思いついてもウラジオストクへ行けることになり、妙に心が躍ります。

ワンワールドの場合


ワンワールド会員なら、S7航空がNRT-VVOを週4便飛ばしているので、マイルも貯められるし、値段も手ごろです。エコノミーで5万円台、ビジネスで10万円台程度。Qpointは国内線程度しか貯まりませんが、距離的にもそのくらいだし、仕方がないでしょう。

時間は午後発、19時ころ着ですので、VVO着が日暮れ後になってしまうことが懸念点でしょうか。

スカイチームの場合


大韓航空がICN-VVOをデイリーで飛ばしているのでインチョン乗り換えになります。ただし、時間がネックで、ICNを朝の10時発のため、成田の1番早い便でも間に合いません。東京からなら羽田の深夜発を使うのが一番合理的になります。羽田深夜2時台発、5時間のトランジットになります。インチョンなら、5時間程度のトランジットは苦ではありません。VVO着が午後1時台なので、S7と比べて当日から観光できる良さがあります。

帰りは、午後発、3時間のトランジット、23時頃羽田着になります。ウラジオのついでにインチョンで韓国料理を食べて、っていう楽しみがありますね。

問題は価格で、一番安いエコノミー席が5万円台。大韓のスカイパスに貯めている人だと問題ありませんが、この運賃だとアエロフロートボーナスに加算できません。どの運賃だとSUに加算できるかというと、12万円台のほぼ正規エコノミーじゃないとダメ。大韓のエコノミーに12万円払うくらいなら、代理店で15万円程度で売ってるプレステージクラスにしてしまうか、SUへのマイル加算を捨てて5万のエコノミーにするか、もしくはスカイパスに貯めることになるでしょう。

スターアライアンスには興味ないのでパスしますが大韓と同様アシアナがVVOへの定期便を持っています。

その他


オーロラ航空が、S7と同じNRT-VVOを週3便飛ばしています。シップの名前に見慣れないのですが、De Havilland DHC-8-400 Dash 8Q (DH4)ってボンバルディアの一種でしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[11/20 Free Android Apps Download]
[11/20 ロレックス偽物]
[11/14 コピーブランド]
[11/14 スーパーコピー]
[11/13 バレンシアガスーパーコピー]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア