Home > 2018_HKG > アフタヌーンティー@インターコンチネンタル香港

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

アフタヌーンティー@インターコンチネンタル香港

DSCF7255
春節の飾りが綺麗でした。

ひとりの旅行では食べるものには殆どこだわらない(まったく食べないことも多い)のですが、カンパニーがいたので、香港ならばアフタヌーンティーってやつを体験してみたい、と勇んでペニンシュラ香港へ向かいました。

遠くから眺めたことは多々あるが中に入るのは初めてのこと。結構こじんまりしたエントランスでした。

入ってすぐがロビーラウンジになっていて、すぐに行列が見つかります。10グループ20名くらいがアフタヌーンティーの列に並んでいて、なんとほとんどが日本人のようです。座席は広くエントランスの左右に広がっていますが、満席。

アフタヌーンティーって、さっさと食べてさっさと出るようなものでなく、ゆっくりするのが目的のはず。そうすると、この行列が掃けるのはかなり時間がかかりそう。貴重な旅先での時間を行列で費やすなんて勿体ない、さっさと諦めてインターコンチネンタル香港へ向かいました。

DSCF7257

インターコンチのロビーは広い窓が開放的で、バンドの生演奏とViewがある分ペニンシュラよりもだいぶマシ。待ってるグループも2組程度で5分くらい待てばすぐに席に案内されました。

2人での利用料は700元台、日本円では1万円程度でした。

DSCF7263

たくさんの種類のお茶から好みのものを選び、このようなスイーツとスナックがついてきます。お茶は、ウエイターに言えばお湯を注いでくれるもの。

DSCF7260

ティーポットがルクルーゼ、初めて見た。

私はアールグレイ、友人は中国茶を選択。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
コメント

コメントを受けつけておりません。

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア