Home > 任期1 > プレスカンファレンスに行ってきた その1

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

プレスカンファレンスに行ってきた その1

15.11.2012

ロシアでディスプレイや電子黒板、テレビ会議システム等のソリューションを提供するPOLYMEDIA社のカンファレンスに行ってきた。会場はボドムゾール駅徒歩5分のRaddisonBLUホテル。

今回のカンファレンスは電子黒板ソリューションをデモするのが目的だったようで、タッチパッド型の電子黒板、非タッチセンサー式のホワイトボード、大型ディスプレイ等総額いくら?おいくら万円??ていうデバイスが並べられていた。

デモ自体は夢っぽくて面白かった。タッチパネル液晶になったオフィスのデスクを囲んで綺麗な人たちがファイルを広げたり画像を並べたり・・・確かに実現可能な未来だけれど、業務を相当コンテンツ化しないと活用できない仕事の仕方であるし、一体おいくら?って感じなので、なかなか実現には遠いんだろうなって思いましたよ。ちなみに後で聞いてみたら最小構成2000ドルとかの感じなので無理ではないかな。

こういうカンファレンスに行くとティータイムがあってお茶とかお菓子とか振舞われるのが常なのだけれど(日本でもそう?)、今回は特に豪華でブッッフェ形式のランチが振舞われた。あらま。

お客さんはジャーナリストとか我々のような教育関係者、あとは軍。下っ端じゃない軍服の特に大柄な人々が10人くらい来ていたので、あれはなかなか他国では見られない、圧迫感の風景であります。

意外に見えたのが、軍のご一行の7割くらいがロシア人だったこと。普段、警官も軍人もウズベク人しか見ないので、てっきり民族政策の一環でウズベクを優先雇用しているものと思っていたのですが、ちゃんとロシア系も幹部として存在しているのね、ってわかりました。

ああいう場所(注:タシケントではカンファレンス系はロシア語で行われるのが普通)でロシア人であるアドバンテージっていうとやっぱりロシア語がわかるってことなので、もし私が偉い人だったら広報官とかそういうポジションはロシア系の比率を上げるだろうって思いました。

感想はというと、最新テクノロジーもソリューションもそんなに存在していないタシケントなので、それっぽいものを見せればわいわい、きゃーきゃーってニュースになる。健全で良い風景なり、って思った。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへ

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[12/15 replique bague bulgari b zero]
[12/01 コピー専門店]
[11/30 スーパーコピー]
[11/29 時計ブランドコピー]
[11/29 ルイヴィトン偽物]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア