Home > 任期2 > 生卵の話題はロシア人ほいほいだった

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

生卵の話題はロシア人ほいほいだった

日本では、生卵を食べます。卵の表面にはサルモネラ菌がいますが、出荷前に洗浄しますから、安全に食べられます。


という日記を書きました。

すると、なんだかロシア人の琴線に触れてしまったようで、ロシア人がわらわらとコメントを寄せ始めました。こういう経験は初めてです。

まず、ナロード1号が言いました。

君は間違っている。卵のバクテリアは一週間も生き続けるものだ。出荷前の洗浄などで落ちるわけが無い。


そして、ナロード2号が参戦(この人のことは前から知っている)

君の言う安全な卵とは何をもって安全なのだ?新鮮ということか?


ナロード2号は続けます

卵は洗浄してはいけないものだ。なぜなら卵を洗浄すれば卵本来の殻保護機能が失われ、賞味期限が短くなるなどの弊害があるからだ。


この辺でへきえき。

そこへナロード3号も登場する。

卵の表皮にサルモネラ菌がいるというのは、25年くらい前から突然言われるようになったが、生産の問題なのか、配送の問題なのか、または単なる陰謀論なのかわからない。


い、陰謀論。。

しかし、私は子供の頃農村で、生まれたての卵を生で食べたことがある。それはとても美味だった。


そうか。

ナロード2号が戻ってきた。

Wikipediaで読んだが、温水で洗えば問題ないが、冷水で洗った場合、浸透圧の関係で表面の菌が中に入るので良くないそうだ。


私はいわゆる「巾着(ロシア語では半熟卵をмешочкаというみたい)」が好きだから、3分茹でる。しかしサルモネラの殺菌には4分かかる。生で食べたってリスクは同じじゃないか。


そうか。それならイチかバチかで食ってみるしかねぇな。

私は一応日本では次亜塩素酸という薬品でサルモネラ菌を滅菌してから出荷してるらしいことなどを述べたのですが、いかんせん、ひとの聞いているのかいないのか。とにかくロシア人さんはディスカッションが超好きらしい、ということはわかった。お腹いっぱいだ。

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
3 8
10
21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[07/20 survetement adidas pas cher]
[11/27 シゲル&Bill]
[11/26 シゲル&Bill]
[10/28 シゲル&Bill]
[10/21 シゲル&Bill]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア