Home > 任期2 > サマルカンドで子供たちに助けて貰った話

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

サマルカンドで子供たちに助けて貰った話

前回のサマルカンド旅記録に書き忘れた話題などです。

ウルグベック天文台遺跡にて、入場料の500スムを払う、払わない、払った、払ってないってことで、係員のおじさんと私たちの生徒10人あまりが揉めた

そんな中で、一人の生徒がちょこまか動き回ってた。正確には、彼はちゃんと500スムでチケットを買って入ったんだけど、同級生に加勢するために、チェックポイントを行ったり来たりしていたんです。

係りのおじさんが、もうチケットを持ってる子を、「チケットを買ってから入れ!」と乱暴に止めた。すると、生徒たち10人が大騒ぎした。

「この子はもう買ったでしょ!」
「おじさん、悪いけどなにいってんのよ!」
「そうだよ、チケット見ろよ」
「おじさん、ちゃんと見てよね!まったく!」

みたいなことを、10人が同時に言って、同級生を助けようとした

この国の子供たちは(子供といっても16歳だから半大人くらいか)、こんなに若いときからちゃんとこうやってバーゲニングして交渉することを学ぶんだな、って、目からうろこでした。それに、同級生のためにみんなで戦ってあげる。大人を敬う社会でも、大人の言いなりにはならない子たちなのでした。

日本の16歳には、そういうことできるんだろうか。日本だと、引率の先生マターになると思います。

それをみて、私はこの国に、何かを教えるために来たんだけれど、この国の、しかも未成年の子らからも、学ぶべきことがたくさんあるみたい!と改めて思った。

その後、私が同じ場所で例のチケット拝見おばさんにしつこく絡まれていたときも、子らがやってきて、おばさんを取り囲んで、

「この人はタシケントで働いているのよ?」
「ウズベキスタンで一年もすんでるのにツーリスト(注:おばさんは、ツーリストプライスで私から15倍の料金を徴収しようとしている)っておかしいじゃない!」
「なにいってんのよ、おねえさん!」
「カードだってもってるし、ウズベク語だって喋れるんだからね!」
「タロー、このおばさんにチケットなんか見せなくていいよ、もう行きましょ!」

と口々に言って、私を助けてくれたのです。(余談ですが、そういうときは女の子が圧倒的に強いよね、やっぱ)

ウズベキスタンの16歳たちに助けられてしまったので、もう頭が上がらないなぁー。

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
11 12 13 14 16 17
18
25 26 27 28 29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[11/27 シゲル&Bill]
[11/26 シゲル&Bill]
[10/28 シゲル&Bill]
[10/21 シゲル&Bill]
[10/20 シゲル&Bill]

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア