忍者ブログ
Home > 任期3

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いろんな人がいますよね。



タクシィに乗ったのですが、陽気で話好きな運転手さんで、日本のことなどをいろいろ聞いてきた。

途中で急に路肩にとめて、「ちょっと待っててね、一分」といって、札束をもって、車のキーをつけっぱなしでどこかに(車道の反対側に)行ってしまった。

お気楽な運転手さんていいなあ、と思いました。

戻ってきたので話をきくと、車の利用料を所有者に、5万スム/日払ってるんだそう。そうなると、5000スムの客を10回最低は乗せないと元が取れないってことなので、タクシーもあんまり儲かる商売じゃないんだなと思った。

ちなみに、彼の車のナンバーは黄色ナンバーだったので、尋ねてみたら、外国人の個人が所有する車が黄色ナンバーなんだって。

緑のナンバーは外国の組織(大使館とか会社とか)が所有するもの。黄色は外国の個人が所有するもの。たまに見かける黄色ナンバーの意味がやっとわかった。ちなみに、緑ナンバーの中でも外交関係の車だと、一般のプレートと異なるナンバリングがしてあって、頭がD(ディプロマ)ではじまります。そのほかにTとかもあるんだけど、それはまだ不明。


ーー

午後になって、買い物にメトロ周辺に行くのに、けっこうな雨だったので一駅だけバスに乗りました。お金を払うと、「おつりが無いので、次に乗ったときに払いますから」と運転手に言われてしまった。次に乗るときっていったって、その路線の運転手なんてたくさんいるので、その運転手にまた出会える確立は低いし、それって、おつりくれないってことじゃん!と思いつつ、200スムなのでまあ、いいかと思います。

朝の運転手もこの運転手もなんとなくウズベクっぽいところがあって憎めない。

ーーー

キッチンの電源が少々足りなくて、延長ケーブルを買いに小さな電気屋にいきました。一番安そうな延長コードをもらおうとすると、ウズベク人のおじさんが「何に使うんだ?」と聞いてきました。不思議に思って、「ティファールです」というと、駄目。これは10アンペアまでだから、ティファールは12アンペアだから使えない。」といって、もう少し高い16アンペアまで使えるのを勧めてくれました。そういえば、前の家では延長ケーブルを使ってなかったので、合計アンペア数なんてぜんぜん考えたことがなかったよ。


それで言われたとおりに、16アンペアまで使えるのを購入してきました。間違ったのを使って火事にでもなったら困るし。

それにしても、ちゃんと買うときにそういう注意をしてくれるのって、ウズベキスタンだとけっこう、最良のサービスだなって思います。おじさんに感謝してます。たいてい、バザールなんかで物を買っても、そんなこと教えてくれることはありません。

今日はいろんなウズベク人と触れ合って、すっとぼけた人もいれば、かっちりした人もいるし、プロ意識のある人もいるし、どこの国でもそうだけどいろんな人がいますよね。

ーーー

ところで、最近とんかつ店でキャベツの使いまわしがあったとかニュースになっていますが、海外在住者には拷問みたいなもの。だってとんかつ食べたいし。あのシャキシャキのキャベツにおいしいドレッシングかけた味がここ数日頭の中に浮かんで離れないです。

で、スーパーの野菜売り場でキャベツを見つけたら、もう頭から離れなくて、普段はひと玉使い切る自信が無いので買いませんが、今日は買ってきました。キャベツが頭から離れないってことは、たぶんからだが野菜不足なんでしょう。

レモン汁と油と塩でドレッシング、芯の部分はバター炒めでもしましょうかね。
PR

雨がしょぼしょぼ

珍しく、雨が朝からショボショボと降り続いていて、今三時だけどやむ気配がない。タシケントでこういう日本みたいな天気になるのはとても珍しい。これで本格的に冬が始まるってことかも。今週は最低気温-6度って日もあるみたい。去年は12月の頭だともう雪が積もっていたと思うんだけど、どうだろう。

この陽気では前の家では大変だった。ほとんど外気温と同じだから、家の中で寝袋を着込んでたレベルだと思う。

今日、日曜で仕事が休みなので、少し残してきた前の家のごみを全部捨てて、残りの荷物を回収し、ちょうど大家もリモント屋を連れてきていたので、鍵も返しちゃいました。契約は5日までなんだけど、平日はそういうことしてる時間も無いし。

旧クバルテラは次の入居者も決まり、次の入居者の希望でリモント(内装のリフォーム)をすることになったそうです。それでリモント屋を連れてきていて、なんだかんだ、説明していましたが、次の入居者が15日に入居するから急ぎでやってほしいっていう交渉をしてました。リモント屋は2ヶ月かかるって説明しているのに、九段の大家は15日間でやらせようとしているところに、いろいろ問題があるような気がしますが、もう私のものじゃないので関係ネーですね。

電源の延長ケーブルを買いに街に行きたいものだけど、傘をさすのも面倒だな。

日々のつまらないメモと、在外一年半の感想

当初、ここのブログには、日々の出来事を軽くメモしておけばよいかなぁ、と思っていたんだけれど、その後、やっぱり何かテーマというか、ネタがあるときに、そのネタについて書くのが、読む人にとって読みやすいかなあ、と思い始めて、しばらくそのようにしていたんだけれど、最近になって、そういうやり方だと日々の些細な出来事をけっこうスキップしちゃってるような気がしてきて、やっぱり日々考えていることや身の回りのことをだらだらっと書いていくようにしよ、と改めて思いました。あは。

^^^
最近(自分が)妙に怒りっぽくて困るんだよね、という話をしたら、どうも私だけじゃなくて同期隊員も同じように感じてたみたいだった。

ウズベキスタンに来て、約1年半。最初の一年は、自分の気分も高揚しているし、現地の人の態度もまあお客さん扱いだから遠慮があるのだろうと思う。それも一年を過ぎたら、自分の生活も単調になってくるし、現地の人との距離感も近くなって、家族的な遠慮の無さが出てくるのかな、などと思う。家族的なのは信頼とか信用という意味ではいいことだけど、逆に遠慮なし、ウズベク人同士のお付き合いとまったく同じ振る舞いをされちゃうってことで、それはそれで気にし始めるととまらなくなると思うんだ。

だから今の時期、気候も段々陰鬱になってくるし、1年半を過ぎていい加減うんざりすることも多くなるし、大事をとって無理をしないのが良いのかも。リスキーなことはなるべく避けて。よく食べて体を健康に保ちましょう。

インタネットをもっと使おう

具体的なことは書かないけれど、ネットを使ったビジネスを考えている若者と話をする機会があった。

ンターネットのサイトを作るにあたって要求仕様を作るのは大変で、逆に要求仕様さえちゃんと作ればWEBサイト自体を作るのはわりと楽なんじゃないかと思う。

誰が使うのか、
ー具体的に、性別とか住所とか年代とか、

何ができるのか、
ーそれは今タシケント・ウズベキスタンに足りてないもの?

支払いは具体的にどうやるのか、
ークレカなのかでビットカードか、請求書払いか代引きか

何を提供するのか、
ー誰の製品、在庫はどこ、在庫をもつ、もたない

どうやって配送するのか、
ー自前で、運送屋さんと契約?

競争相手は誰になるのか、
ーどういうリアル店舗・ネット店舗がライバルになるのか

(事前に日本の詳しそうなおともだちに相談しているので半分くらいは受け売り)

彼らには、提供したいもののイメージはだいたいあるみたいだったけど、具体的な仕様は固まってなくて、ターゲットの設定もちょっとざっくりだったので、正直に話したら残念そうな顔をされてしまって、胸が痛みました。。

帰りにバスの中で、自分がもしウズベキスタンで提供するとしたら、何がいいかなぁ、などと考えていたのだけれど、

ターゲットをウズベキスタンのウズベク人に限定するとしたら、

ウズベク人が関心を持っていて、ほとんどの人にかかわりがあるもの、

結婚、家族、くるま、ファッション、パン、恋愛、おしゃべり、焼きたてのパン

結婚式場(トイホナ)の比較、予約サイトなんかは需要ありそう。今は情報誌がメイン媒体みたいだけど
あと出会い系・お見合いサイトは間違いないはずだけど、モラル的にちょっとね。
複雑なバスの乗り換えを表示できる路線検索があればいいなぁ、たぶん儲かる
意外といいと思うのは、家族写真をメールで送ると、印刷して届けてくれるサービス。代引きにすれば決済を実装しなくていいし。+αでアルバム製本とか額縁も
どこのバザールに、今、どういうデザインの服がありますよ、っていうのもネットで検索できると歩き回らなくていいかなあ
匿名で家庭の事情を相談する人生相談サイトとか、あると若い奥さんにウケそう。嫁姑系の。

左足にはがんばってもらわないと

私は左足のじん帯が切れていて、(じん帯が骨にくっついてない状態。数年前かもっと以前に剥離骨折)、左足だけが若干不安定で、よく足首を内側にまげてしまう。

日本ではめったにないんだけど、ウズベキスタンに来てから、この国のでこぼこ、穴ぼこだらけの道路を歩くとしばしば足首をごきっと折ってしまって、忘れたころに痛い思いをしている。

今日も久しぶりに革靴を履いて、陽の落ちた裏通りを歩いていたら、道にある石に乗ってしまってごきっとした。痛くてしばらく歩けなかった。

すっかり日暮れが早くなったし、冬の間は慎重に歩かないと、足首が壊れちゃうぞ。

思うに、日本みたいに余計なでこぼこや、穴ぼこの無いきれいな都市ではどんどん人間が退化してゆくのかも。日本人はタシケントをちょっと歩くと相当疲れると思う。そして、ウズベク人(とくに女性)は高っかいヒールを履いて上手に歩いてゆく。健脚だ。

まあそういう世俗的な事柄もなきゃおかしいのですが

新しい部屋には、備え付けの衛星チューナーがあって、衛星放送っていうのをはじめて見た。なんか、600くらいのチャンネルがあって、びっくり。

地理的な理由か、多くはイランと中東エリアのチャンネルで、普通のニュース系チャンネルから、イスラムチャンネル(指導者がありがたいお話をしている系)、などもある。

日本関係は、NHKワールドと、JSTVがあって、時間が限られるけど日本語のNHK番組も見られる。

その他、BBCもあるし、ロシア番組もひととおりあるし、しばらくテレビっこになってしまいそう。

600のチャンネルの中になんか気になるのがあって、arab sex とかarab xxxって書いてあってなに?!と思って興味本位で見てみたら、微エッチな女性の静止画と電話番号が出ている静止画チャンネルだった。たぶんその電話番号が出会い系とか、異性とチャットできるような仕組みになってるみたい。

イランやアラブに出会い系っていう概念があるんだ、と興味深かったです。

前の部屋は衛星じゃなくてケーブルで、いくつかのロシア語チャンネルが見られるだけだったのに、月々1万2千スムを大家に払っていて、やっぱりだまされていたのかも知れない。

車の音がうるさかったオイベック

オイベック駅にある前のアパートは、交通量の多い通りが交差する場所にあって、昼夜を問わず車の騒音+急ブレーキと衝突の音がしていたのだけれど、今度のアパートはとても静か。夜が夜らしい。

今度のアパートの前も大統領通りで、交通量は同じくらいあるはずなのだけれど、もしかしたら、高い建物が無いから音が反響しないのかもしれない。

オイベックの交差点は、交通量の多い交差点を、高い建物が取り囲むようになっていて、特に音が上に響くようになっていたのかも。

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア