Home > 任期4 > 新聞は廃れないと確信した

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

新聞は廃れないと確信した

5年くらい前は、インターネットの発展でもう新聞を取ったり、雑誌を買ったりすることは無くなるんだろうな、と思いました。もうWEB媒体だけで充分じゃん!と。
 
でも、今はまったく反対の考えです。やっぱり新聞じゃないと、駄目だと思います。正直、有象無象のWEB専門媒体にはがっかり/うんざりしています。
 
母国を離れているとどうしてもWEB上のニュースというのを読まざるを得ないのですが、たとえば見出しだけ見ても、
 
デヴィ夫人が誰か平手打ちしてどうのこうの
気鋭の研究者が女性でかっぽう着でどうのこうの
ドラマを見てリストカットした女児がどうのこうの
 
野次馬
下世話
興味本位
性的
+書き手の思い込み、思い入れ
 
な話題ばっかり目立っていて、本当に読みたい国際状況とか、専門家の考察とか、そんなのはなかなか見つけられないし、面白いアーティクルを見つけたと思ったら海外の大手紙の日本語訳だったりします。
 
日本の、WEB専門メディアと大手新聞社を比べると、変なバイアスがかかってなくて事実だけを伝えているという点では、明らかに新聞社の記事が良いです。さすが、プロだしきちんと編集委員がいるのだな、とわかります。しかし、マネタイズのために有料会員限定になっている記事も多いので、最近は海外の新聞社の日本語・英語サイトを選ぶことが多いです。
 
記事を無料で見せるか、有料で見せるかという点では、有料でまったく問題ないと思います。なぜならWEBがこんなに混沌として、嘘だか本当だかわからない、しかもバイアスにまみれた、下世話なニュースもどきに溢れているならば、お金払ってでもまともな記事を読みたいな、と思うからです。
 
5年前は、お金を払ってでも新聞の記事を読みたい、って思うとは夢にも思いませんでした。もっと夢のようにクリーンなインターネットを想像していたものですが。
 
インターネットでは新聞より、人々が今読みたいものが提供されていて、より市場的なものだと思いますが、今の日本のインターネットユーザーが読みたいものって、実際あんなに下世話なんでしょうか。なんだか信じたくない。
 
インターネットには良い面もあります。書いてお金を取るほどの専門家では無いのでしょうが、それなりの専門知識や、知恵を持っている人が、ブログみたいな媒体で自分の意見を表明していることです。知りたいことについて読み込んでいくと、大変役に立つし、複数の意見を見比べたりすることもできます。
 
ブログだって変なのもいっぱいありますが、自分で取捨選択することができるので、
 
今私がおもにWEBで読む媒体は、
 
・国内外の大手ニュースサイト
・真心のある誠実なブログサイト
 
の2つがメインになりました。

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 4
6 7 8 9 11 12
13 14 15 16
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[11/27 シゲル&Bill]
[11/26 シゲル&Bill]
[10/28 シゲル&Bill]
[10/21 シゲル&Bill]
[10/20 シゲル&Bill]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア