忍者ブログ
Home > > [PR] Home > 任期4 > 焼け火箸みたいな青年の話

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

焼け火箸みたいな青年の話

(訂正)火鉢じゃなくて火箸でした。

バス停で出会った28歳の青年は、流暢な英語を話す人で、聞けば外交大学を卒業したのだそうで、私の知り合いでもある、外交大学に勤務している日本人のことも知っていた。
 
私のアパートの近くに住む彼が、なんども家に誘ってくれるのだけれど、正直、彼の素性は彼の自己紹介ベースでしか知りえないし、私はほとんど彼のことを信じているのだけれど、ドキュメントや何やらで確認したわけじゃないので、一番突き放して言うと、ただの知らない人なのです。知らない人の家に招かれてほいほい訪問してしまうのは、睡眠薬強盗などのリスクもあるし、世界的にはあり得ないことです。
 
最近もまた、よく電話がかかってくるので、百歩ゆずって私の指定したレストランなら、いいよ、ということで一緒にビールを飲みにゆきました。
 
待ち合わせ場所に現れた彼は浮かない顔をしていて、聞くと以下のような出来事があったそう。
 
女の子に声をかけたら、その子の婚約者やその親戚やら男たちが出てきて、リンチ寸前だったのだそう。それで、首根っこをつかまれるように、その場から追い出されたのだと。
 
そりゃー、大変だったよね、と思いつつ、もっと詳しく聞いてみると、どうも彼のほうにもやましい事情があった。
 
いわく、その女の子と結婚する気はない、ただ遊び相手が欲しかっただけ、それと、前にも声をかけていて、すでに婚約しているから断られていた、でも彼自身がその言葉を信じていなかった。
 
正直、それはどっちにも非があるんじゃないのぉ、と私は思いました。
 
もっと聞き出すと、女の子はスーパーの店員で、婚約者はオーナーの甥で、彼をつまみ出した男たちは、スーパーの関係者でオーナーの親戚なのだと。
 
ウズベキスタンの社会で遊びのリレーションシップというのはそんなに普通ではないと思うし、ちょっと彼のほうも、アレだなと思ったのでした。
 
気が休まらないらしい彼は、これから喧嘩の強い友達たちのところに相談にゆき、彼をつまみ出した男たちに復讐に行くのだといきまいていた。いわく、自分は外交大学を卒業したバイリンガルの紳士で、そこらの犬のようにつまみ出されるような男じゃない、もっと尊敬されるべき人間なのだ、と。
 
結果的に、私は彼の電話番号を電話帳から削除した。
 
彼は、たぶん普通に悪気のない人で、来月の誕生日に私を誘ってくれて、私が断ったときに少し悲しそうな顔をしたのも本当の気持ちなんだろうけど、でも、私は在留邦人であるので、ナンパに失敗して仲間連れて復習に行くような人とは、友達になれないのです。あまりにも、リスキー。
 
他人に信用されるというのは、たぶん彼自身が思うよりとても難しいことで、とりわけ相手がセキュリティレベルの高い外国人ならばもっと難しいことなのだと思います。
 
彼は、分類上はウズベクだけれど、ロシアとかチェチェンとかの血を引いていて、純粋なウズベクではないので、ちょっと考え方も変わっていて、母はムスリムだけど、自分はムスリムじゃない、宗教なんて信じられない、などというけれど、多分そういう考えは、ウズベクの社会にはあまりフィットしないし、そういう風に噂されている側面もあるのだと思うよ。もしも社会にフィットしたいのなら、自分を殺してでも社会にフィットする方法はいろいろある。
 
もしも信用されたいなら、仲間を連れてこれから復讐に行くとか、言うべきじゃないし、私にはもっと、素朴でおとなしくて、争うことを好まない典型的なウズベクの友達がたくさんいるので、なにもリスキーな人と友達にならなくても、いい。
 
もしも面倒くさいリスク管理がいらない子供同士だったら、よい友達になれたと思うんだけどな。でも人生は長いのだし、いつか理想郷を見つけられるといいね。

PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア