Home > 任期4 > 郵便局から荷物送る

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

郵便局から荷物送る

郵便局へ別送品を送りに。
 
ウズベキスタンの役所っていうだけで、いつも人がいっぱい、係員は無愛想でロシア語しか通じなくて、待たされるって印象があります。
 
ある程度身構えて行きました。送るものは洋服等が約6キロ、書籍とCD,DVDが6キロくらい。
 
まず、国際郵便窓口へ行くと、書籍と荷物は別扱いだから、と洋服等だけ受け取られました。(多分日本でも同じ?)。あと、CDやDVDは許可証が必要だから送れない、と断られました。ただの音楽やドラマのディスクなんだけどな。
 
あらかじめ、分類して袋に入れた荷物を、これがスーツ、これがネクタイ、と渡していって、軽く中を改めてから、係りのお兄ちゃんが麻袋みたいなものに入れていきます。結局麻袋にパンパンに詰められて、蝋みたいなもので封します。スーツが痛みそう。しょうがない。
 
それから、税関申告書などを書きます。
 
品目のリスト、数量、送り先、差出人を二枚記入します。
 
もう1種類の用紙には、送り先、差出人とパスポートナンバー、発行機関(Ministry of Foreign Affairs)を書くように言われました。
 
3枚の用紙にサインして、お金を払って終了。5.6キロで89000スム(航空便)でした。
 
次に書籍の窓口に行きました。書籍をまとめて渡すと、一冊ずつ中を改めて、積んで行きます。一冊の本の中に100スム札が3枚入っていて、「これは駄目」と返されました(それがあとで役に立つ)
 
書籍は上限5キロまでしか送れないそうで、とりあえず5キロ分送ってもらうことにしました。係員が、うまく箱型に重ねて、厚紙で包んで紐で縛ってくれます。あて先はボールペンで自分で書いて、お金を払って終了。5キロで115000スム(航空便)。
 
お金足りるかな、と数えると、113000スムしかもって無くて、いそいでポケットをまさぐって小銭を集めると、1800スムありました。200スム足りない!!
 
そこでさっき、本の間から出てきた300スムを使って、ぎりぎり足りました。ほっ、よかった!フドが望んでくれたようです。さっきタクシーを値切って置いてよかった~。
 
日本みたいに箱に入れて持っていく必要がなくて、梱包は係員がやってくれたのが楽でよかったです。ただ麻袋なので、割れ物、こわれものは避けたほうが良いですね。
 
あと、意外と高いのでお金の用意が必要。船便なら安くあげることができるでしょう。
 
タシケントに留学されていた留学生の方のブログを参考にさせていただきました。ありがとうございます。→http://in-the-centre-of-tashkent.blogspot.com/2014/02/blog-post_12.html

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[11/20 Free Android Apps Download]
[11/20 ロレックス偽物]
[11/14 コピーブランド]
[11/14 スーパーコピー]
[11/13 バレンシアガスーパーコピー]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア