Home > 未選択 > 女のブルース

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

女のブルース

髪を切りたくて、横浜の郊外の、新興住宅地のど真ん中にある、巨大ショッピングセンターみたいな場所をとぼとぼ歩いていた。まるで歴史を感じさせない巨大なデパートです。

色の浅黒い外国人の女性や、ベビーカーをよちよち押している茶髪の若いお母さん3組が並んで歩くのを追い抜いて、パフュームみたいな制服を着たデパートガールがいて、そのとき、ランダム再生していたイヤホンから、ローラ・ニーロの『女のブルース』が流れてきた。

重厚なホーンセクションのあとに、ちょっと神経が衰弱した感じの高音のヴォーカルがはじまるこの曲、1960年代のNYあたりで書かれた曲だと思うけど、おもわず、「なんて、古臭くて場違いな」と思いつつ、止めるのも面倒で聞いていたら、不思議とその場の風景に妙にマッチして、マッチするというより、妙な雰囲気をかもし出してしまって、ややウケた。

タイトルはブルースだけれど、べつにブルース的な曲ではないこの曲(クマさん的なブルースではない)、なんでブルースと名づけられたのか知りませんが、真昼の新興住宅地でいろんな女の人の横顔を眺めながら聞くと、「ああ、女のブルースね」と妙に納得した。

まったく、なんのひねりも落ちもない日記で申し訳ないのですが、そういうことがありました。

体重はさっそく65kgを切って、ウズいファットを落として、日本で髪を切って、ウズいカットも落として、いえ、別にウズいのが嫌なわけじゃないけど、日本には日本のアピアランスがあるような気がしますのです。拝拝。

Laura Nyro - Woman's Blues

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[12/15 replique bague bulgari b zero]
[12/01 コピー専門店]
[11/30 スーパーコピー]
[11/29 時計ブランドコピー]
[11/29 ルイヴィトン偽物]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア