忍者ブログ
Home > > [PR] Home > 私の行った場所 > 1992年10月23日の日記(2)

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1992年10月23日の日記(2)



これが上海か・・・
 
 
中国のビザは、鑑真号の船内で取得することができました。船内では、パスポートを預け、下船する際にビザと、入国審査が終わった状態でパスポートを返してもらいます。
 
下船する人の波に流されるように、馬頭(埠頭)を下りて、上海のストリートを歩き始めます。たくさんの人、自転車、人力車、自動車、があっちこっちの方向に進んでいて、声高な話し声、何かを牽制するような大声がごちゃごちゃ聞こえて、眩暈がします。
きっと、かなり惚けた顔をしていたと思います。


 
気を取り直して、荷物とカメラをしっかり抱えました。船で出会ったお兄さんの後ろにくっついて、安いドミトリーのある浦江飯店へ行きました。お兄さんがチェックインを済まして、私の番になりました。
 
「メイヨウ(ベッドは無い)」
 
「・・・メイヨウ、マ?(無いの?)」
 
「メイヨウ(ベッドは無い)」
 
どうしよう。ピンチ!
 
お兄さんは、「じゃあ、良い旅を!」と言って去ってゆきました。
 
ニコニコして誰かの後ろにくっついて行けば、なんとか自分の欲しいものが得られる、と思っていたことを痛烈に恥ずかしく思いました。今、自分一人で何とかしなければ、今日上海で路頭に迷ってしまう!ここから旅がはじまりました。
 
そこから先は夢中でよく覚えていません。たぶん、両替をして、人力車にガイドブックを見せて、なんとか別の宿に連れていってもらい(値段交渉なんかしてる余裕は無かった)、なんとかチェックインしました。海佳飯店です。


ぐったり、でも、自力でベッドを見つけられたことで、小躍りするほど嬉しかったです。


PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア