Home > 2014旅行 > サムイ島を開拓した人たち

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

サムイ島を開拓した人たち

引き続きビーチにいます。

といっても日焼けしたいわけじゃないし、そんなにビーチには出てなくて、部屋でタバコ吸ってたりします。笑

今日はフルムーンパーティなんだそう。えっと、フルムーンパーティてゆうのわ、隣のパンガン島で行われる、バケツで酒飲んだり何か吸ったりしながら、夜から朝まで爆音で踊りまくるパーティだそうです。詳しくは知りません。だから先日の船は混んでいたんですね。満月ということは月に一度か二度だから、そのために本国から日付あわせてやってくるんでしょうか。すごいね。

サムイ島からも次々に若者たちが船に乗ってパンガンへ向かっています。

と、いうことは、

今夜のサムイ島はほぼ無人で、ビーチが空いているのではないか、写真撮りまくれるかな。

この島、人口の半分以上はヨーロッパ人なのじゃないかな。もともと、ただの漁村で人もそんなに住んでいなかったのだろうが、今は観光客とそれをサポートする業種の人たちがおもに住んでいるのだと思います。

欧州人(またはアメリカ人?)が、何十年くらいかけてこの島をザ・俺たちの島に開発してきたのか、知りませんが、はじめは大変だったのだろうなあ。

アジアのおもな観光地に中国人たちがどんどん訪れるようになって久しいと思うけれど、サムイ島はまだそんなでもないです。たまに中国語も聞くけど、彼らはなかでもハイセンスな人たちなのでしょう。

それだけに欧米人向けのレストランやホテルに入ったときの、「あなたが何故ここに?」感はまだあるけど、それも理解できるので特にどうこう思いません。悪気はないのだと思います。

島に来てから、滅多にカメラ使わなくなりました。みんな裸で手ぶらで歩いてるのに、でっかい一眼もってあるいてるの、恥ずかしくて!私も小心だなあ。


コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 4
6 7 8 9 11 12
13 14 15 16
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[11/27 シゲル&Bill]
[11/26 シゲル&Bill]
[10/28 シゲル&Bill]
[10/21 シゲル&Bill]
[10/20 シゲル&Bill]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア