Home > 2014旅行 > 男性と男性も

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

男性と男性も

ヨーロピアン男性+タイ人女性のカップルのことを書いたけど、ヨーロピアン男性+タイ人男性のカップルもサムイでは頻繁に見かけます。

なんでカップルかと思うかというと、だいたい同じ部屋に泊まってるし、だいたい歳の差10-20歳くらい、(ツーリストが30,40代、タイ人青年が20代くらい)、その歳でふつうにお友達っていうのもあまりないだろうな、と思うから。

昨日はそんなカップルを2組見かけましたが、パンクな感じの、スキンヘッドでピアスだらけの30代白人男性についてたタイ人男子はモヒカンで同じようにパンクファッションで、40代くらいのコンサバな感じの白人男性が連れてたタイ人男子はやっぱりコンサバな感じのファッションで、白人男性が彼氏にそうさせるのか、彼氏が白人男性にあわせるのか、知らないけど、装いの統一感もおもしろいなと思いました。一日1000バーツくらい払うことになるのかな、ああいうの。

飛行機代払って本国から友達連れてくるよりは現地で気のいい若者調達したほうが早いし安いんだろうと思います。10日間旅行に連れていって、一日1000バーツくらいチップ払っても3万円くらいなのかな。

ところで私がタイに来始めた20年くらい前から、白人+タイ人カップルはすごく多くて、子供のいるカップルもいて、そういう子供たちはふつうにタイ社会に馴染むのかな、たまにCMなどにハーフのかわいい子供がでているけど、そういう風にタイ社会に馴染んでゆくのでしょうか。もしくはお父さんの本国に帰化するようになるのか。


コメント

コメントを受けつけておりません。

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア