Home > エアライン、マイルやカード > ANA VISAカードとアメリカンエクスプレススカイトラベラーカード

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

ANA VISAカードとアメリカンエクスプレススカイトラベラーカード

ANA VISAカードだと100円で0.5マイルにしかならないのが不満、スカイトラベラーカード(以下スカイトラベラー)は年会費一万円が高いのがデメリット、と前の記事で書きました




ANA VISAカードにはマイル移行に無料プランと有料プランがあり、有料プランで6300円払うと100円で1マイルになるので、年会費とあわせて約9000円払うとだいたい、スカイトラベラーと同じくらいの年会費になります。それでもスカイトラベラーのほうがいい理由を書いてみます。前の記事の補足的に。

【ポイントの移行先】
ANA VISAカードの場合---ANAマイレージクラブにポイント移行できる
スカイトラベラーの場合---10以上の航空会社のマイレージプログラムにポイント移行できる
カタール航空のマイレージプログラム(ピルヴィレッジクラブ)にポイント移行できるのが私にとってすごいメリット。そのほかにも、いろいろ移行先があるのが良いです。

【ポイントの有効期限】
ANA VISAカードの場合---獲得から2年間
スカイトラベラーの場合---有効期限なし
ポイント、マイルの有効期限てうざいです。急かされているみたいに感じます。いままで結構なポイント、マイルを有効期限切れにしてきたので、それを期限なしで貯めることができるなら結構いいんじゃね。基本的に使わず貯めておいて、マイルを使いたいときに不足分だけ移行する、という使い方を考えていますが、ゆっくりポイントをためて特典航空券取れるくらいまで貯まったらどこかの航空会社に移行して使う、という方法もあります。たとえば中華航空だと35000マイルでアジア・オセアニア間往復できるようなので、35000ポイント貯まった時点で中華航空にマイルをうつして特典を取る。

【航空券購入時のポイント優遇】
ANA VISAカードの場合---ANA航空券購入時に、クレジット払いの1%に加えてマイルとして1%なので、100円で2マイル
スカイトラベラーの場合---10以上の航空会社で購入することで100円で3%=3マイル
これ、マレーシア航空とかカタール航空も対象だったら良かったんだけれど、残念ながら対象ではありません。購入時にポイント優遇もあって、加えてカタール航空にマイルつけることができるのは、Finair, JAL, Cathay, カンタスの四社です。オセアニアには興味ないのでカンタスはあまり使わないとして、Finairでヨーロッパとか、キャセイでタイ、インドとかなら使う可能性あり。まあ無いよりマシといったサービス。


コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 4
6 7 8 9 11 12
13 14 15 16
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[11/27 シゲル&Bill]
[11/26 シゲル&Bill]
[10/28 シゲル&Bill]
[10/21 シゲル&Bill]
[10/20 シゲル&Bill]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア