忍者ブログ
Home > > [PR] Home > NETFLIX > Blue Jasmin, Still Alice

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Blue Jasmin, Still Alice



最近Netflixに追加された中で「これは!」というもの。




その1
Blue Jasmin
これ、すごくヘヴィーな映画でなかなか平静な気持ちでは見られないものです。公開されたときにあまりにも見たいので、いつもは使わないAmazonのレンタル機能を使って見ました。欲望という名の電車、がベースになっているそうですが浅学のため読んでおりません。凋落したお金持ちの婦人が行き場をなくして庶民である妹の家に居候するところから始まります。捨てられないプライド、神経が衰弱してゆく様子をケイト・ブランシェットが熱演していて女優賞を取っているはず。こんな名作が見られるなんて有り難い。それにしても女性をこんなに冷徹に虐める映画を撮れるなんて、監督は女性嫌いなのかサドなのか。

その2
Still Alice
公開されたときに見逃した映画で、そんなに時間が経ってない新作ですが、こんな新しいの、Netflixで見られて本当に有り難い、と。

若年性認知症になった学者の女性を名優Julian Mooreが演じています。認知症になると、思うように会話ができなかったり、発語自体が難しくなるようで、「認知症になった当事者の意見」というのはなかなか聞けないものなのでしょう。この映画では徐々に進行してゆく認知症を描いているので、当事者の意見というのを(創作ではありますが)聞ける貴重な映画なのでは、と思っています。まだ冒頭しか見られていないのですが。

その3
Extremely Loud and Incredibly Close
ものすごくうるさくて、あり得ないほど近い
主演のオスカー(役名)君が、言ってはいけないことを思わず言ってしまいつつNYを駆け回る姿、素晴らしすぎてトムハンクスも、サンドラ・ブロックも霞むほど。以前レンタルで観ていますが、また2度も観てしまいました。
PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア