忍者ブログ
Home > > [PR] Home > MUSIC > Gabriel Garzón-Montanoを代官山Unitで観た

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Gabriel Garzón-Montanoを代官山Unitで観た

Today im joining #gabrielgarzonmontano at unit daikanyama.


iyama taroさん(@iyamat)がシェアした投稿 -



とてもいいライブでした。今年(2017)一番。

新アルバムJardin, 旧アルバムBishouneからほとんどの曲を披露したと思います。Sour mangoから始まって2曲目、The Gameでは客席に降りてきて一緒に踊ってくれるサービスも。気さくな隣の兄ちゃんみたいなキャラだな。

Kingなどもそうだけど、自前の機材でトラックを流しつつ歌うというスタイルでドラムスだけがサポートメンバーです。こういう、バンドを組まなくていい演奏スタイルだと身軽なのでツアーしやすそう。コストもかからないし。バンドというスタイルがもう古臭く感じてしまう。

ステージ中盤とアンコールで歌われたスペイン語曲はとてもよかった、アンコールのアカペラは鳥肌ものでした。Youtubeなどでリサーチしたらコロンビアのペトロナマルティーネス、 Petrona Martínezや Totó la Momposinaといった歌手に影響を受けているそう。日本で入手しづらそうだけど今度聴いてみたい。

終演後の物販コーナーではご本人が出てきてくれて、サインも握手もしてくれました。ちょー気さく。JardinのVinylを買ったら、ジーンズの腿の部分でごしごしこすってスリーブを開けてくれたのだけれど、あれがアメリカ人のスリーブの開け方なんでしょうか。面白かった。



にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村
PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア