Home > 2017_Singapore > マレーシア航空 MH602 シンガポールSIN-クアラルンプールKUL ビジネスクラス

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

マレーシア航空 MH602 シンガポールSIN-クアラルンプールKUL ビジネスクラス

390
391
SIN空港、朝4時半。この時間に空港に到着するために、空港併設のホテルに泊まりました。早すぎますが、エコノミーのカウンターはすでに長蛇の列です。2番カウンター。


397
ビジネス1、エコノミー1しか開けていません。ビジネスは、先に着いた2人連れがなにやら荷物を預けすぎていて、15分以上かかっています。そのうちビジネス列も5名ほどの行列に。うんざりしますね。

ビジネス列が掃けないのでエコノミーのカウンターから呼ばれて、ようやくチェックイン。4:55.

398
マレーシア航空のビジネスクラスカウンターなのにエチオピア航空の絨毯が敷いてあったり、立て看板も同じく。

400
搭乗券と、なにやら色々もらいました。チャンギ空港のラウンジインビテーションと、マレーシアのゴールデンラウンジのインビテーション。しかし、KULでは搭乗券を見せるだけで済むのでインビが必要かどうか。

預け入れはないのでさっさと済まし、私のせいで待たされているエコノミー客の視線が怖いのでそそくさと立ち去ります。

イミグレーション検査は、係員に誘導され自動化ゲートへ。セルフサービスで、パスポートを機械に読ませ、指紋をスキャンし、出国します。便利です。入国時にDeparture cardも持たされていますから、係員に渡そうとすると、「自動化ゲート利用者はこのカードは返却しなっくていいのよ」と丁寧に言われます。

404
406
それから、喫煙所に立ち寄り、SATS Premier Lounge 2へ。中は結構混んでいて、リラクゼーションエリアは白人、食事エリアはアジア人と、なぜか住み分けができている。

405
白ワイン、セルフのラクサがあったので、麺を煮て、スープをかけて、ラクサ完成。あとは饅頭でも。

6時前にはラウンジを出てゲートへ向かいます。

408
F53は沖止めゲート。荷物検査の後はバスに乗り込みます。SINでも沖止めがあるんですね。この前のインチョンも意外でしたけど。なんだか、機材がボロかったり、沖止めだったり、MH航空とSIN空港の相性が悪そう。

409
410
B737-800(9M-MLL)はまたしてもボロシートでディスプレイもありません。塗装は新しいです。早く737maxを。座席は4c、隣は無人でした。

クルーはマレー人男性、女性1名ずつ。男性は優しい感じ。朝食を薦められましたがさすがに早すぎてお断り。Still water一杯だけ。

422
夜明けの景色が窓から見えて綺麗。普段夜明けのフライトには乗りますが、QRだと強制的に窓を閉めさせられているので、こうして観るのは久しぶりです。丁度満月が綺麗でした。

乗客は白人・アジア人・中東人がほどよくMIXです。

50分くらいのフライトなので昇ったと思ったら降下します。丁度HND-ITMの距離感に近い。

7:50にはターミナルに降りています。

432
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村



コメント

コメントを受けつけておりません。

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア