Home > 任期1 > ていでんだ~

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

ていでんだ~

今日は、朝起きたら家が停電していた。

朝日が入るのではじめ停電しているのに気付かなかったけれど、風呂場のスイッチを入れたら明かりが点かなくて、配電盤を見るといつものデジタル表示が消えていた。ドアを開けて廊下を見てみたら真っ暗闇だった。

それでもガスと給湯が生きているので、朝日で朝の支度をして、エレベーターに乗ろうとしたのだけれど、当然エレベーターは動かないので、階段で。

階段はビルの中心部に位置していて、外の光が入らないので真っ暗だ。かすかに吹きぬけを通じて上のほうから光が入ってくるので、殆ど手探りで8階から下に降りた。

ウズベク人は慣れた様子で、携帯の画面の明かりで足元を照らしながらさっさと降りて行った。携帯って便利なんですね。

勤務先の大学では月2回ペースで停電があるけれど、このアパート(のあるエリア)でははじめての停電だった。前回電気が止まったのは大家さんが金を払い忘れていたせいで、うちだけ給電されていなかったので、正確には停電ではなかった。

階段が相当おっかなかったので、やっぱり懐中電灯を玄関に常備しておこうと思う。

---

停電とは違うけれど、最近ウズベキスタンのインターネット事情が悪く、インターネットを殆ど使えないことが多い。はじめは、職場のプロキシサーバの性能とか、携帯電話会社のキャパシティの問題だと思っていたが、どの手段でも駄目なのと、時間帯による事象なので、おそらく、ISPを繋いでいるバックボーンとか、国外に回線を繋いでいるIXの容量の問題なのだろう。(それとは別に個々のISPにも問題があるんだけど)

先日、参加したネット関連のカンファレンスで、ウズベキスタンのインターネット利用はここ数年で急激に伸びているというグラフが出ていた。グラフによると毎年1.x倍の伸び率で、すごいんだなーと思ったけれど、トラフィック増加に応じて設備は拡充しないと、当然サービスを受けられなくなる。

特に、夜9時以降になると殆ど通信できなくなるのは、この国の人が、映画や巨大ファイルのダウンロードを主に夜行っているせいと考えている。映画ファイルを一晩ダウンロードしっぱなししている話や、職場から帰る際にダウンロードを開始して、翌朝終わってる、という話をよく聞く。

インターネットでグローバル化という話を先進国ではよく聞くけれど、夜になるとHTMLのサイトひとつ開けない、Youtubeなんてとても見られない、っていう環境では、インターネットラーニングもFacebookで商談も、教科書のタブレットデバイス化もただの絵空事だ。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへ

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
3 4 5 6 7
8 11 13 14
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[10/20 コピーブランド,]
[10/20 ま]
[11/27 シゲル&Bill]
[11/26 シゲル&Bill]
[10/28 シゲル&Bill]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア