Home > 任期1 > 追憶の母国

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

追憶の母国

ロシアのナショナリスト(いわゆるスキンヘッド軍団)を題材にした二時間ドラマを見てしまって、非常に胸糞悪い気分になってしまった。

で、見ながらぼんやりとこんな未来を想像した。

ーーここからーー

20xx年の中国。

日本人の出稼ぎ労働者の太朗は、中華ナショナリストのスキンヘッド軍団にリンチされて、薄れ行く記憶の中で子供の頃、まだ日本が先進国だった頃を思い出していた・・・。

日本は昔、先進国だった。ソニー、トヨタ、トーキョー・・たくさんの中国人が日本に働きにきていた。しかし、今は違う。日本は凋落した。中国はエネルギー政策と圧倒的な人口で米国を抜き世界の先進国になった。いまや、日本人は日本で稼いでも家族を養うことはできない。多くの日本の男が中国に出稼ぎに来るようになった。

同時に、中国国内では若者を中心に移民を排除する動きが出てきた。頭のおかしい日本人、汚い日本人、過去の栄光にすがってプライドの高い日本人。そして、具体的な排除がはじまった。

スキンヘッドに革ジャンを着た若者は、日本人労働者を見かけてはリンチを繰り返した。とくに8・15、日本の終戦記念日には、何人もの日本人が上海でなぶり殺された。女性は卑猥な言葉を浴びせかけられ、レイプされるものもあった。

何人かの日本人は、中国名を名乗り、完璧な中国語を話して中国人になりきろうとした。しかし、ちょっとしたアクセントの違いで日本人バレした日本人は、翌朝には運河に浮かんだ。

太朗は、薄れ行く意識の中で、天皇を思い出した。あの優しい笑顔、すべての日本人が心に温かみを覚える白い手袋。

天皇を女性にするか、男性にするかで揉めてから、紆余曲折のうえに天皇制は廃止された。あの暖かい笑顔はもう、今の日本には無い。

痛い、ナイフで刺された腹が痛い。今、ここに天皇がいてくれたら、あの笑顔を見せてくれたらいいのに。あの白い手袋で救ってくれればいいのに。

で、太朗は死んだ。

ーーここまでーー

ねぇ。

私は基本的に中国人を愛してるし、何度も中国に行ったけれど、未来はわからない。私の好きな中国人たちがみんな老人になるころにどんな未来が来ているかはわからないわけだし。近い将来本当にこういう日が来ないとはいえないよ。

なにより、こういうことは今実際にモスクワで発生している。今もウズベキスタンなどの中央アジアからの出稼ぎ労働者がそういう軍団に殺されたり刺されたりしているのだ。

日本と周辺国が、こういう未来を迎えないために、私達はなにをしたらいいのだろうね。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへ

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[12/15 replique bague bulgari b zero]
[12/01 コピー専門店]
[11/30 スーパーコピー]
[11/29 時計ブランドコピー]
[11/29 ルイヴィトン偽物]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア