Home > 任期2 > インド人団体客向けレストランに紛れ込んだ話(2)

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

インド人団体客向けレストランに紛れ込んだ話(2)

さて、インド人団体旅行者がスムを撒いててびっくりしたって話の続きです。

彼らのタシケントツアー予定には、「○日夜、ベリーダンスを鑑賞しながらお食事」と書かれているんだと思います。私たちがたまたまそういう場所に居合わせてしまったわけで。

わかったことは、インド人は団体ツアーするんだな、ということ、タシケントにもそういう(ベリーダンス派遣)エージェントがあるんだな、ということと、インド人は旅先でもやっぱりインド料理とインド音楽が欲しいんだな、っていうこと。

日本人も昔の農協ツアーとかタイ売春ツアーみたいな、多分似たようなことをしていたんですよね。あと、今だと中国人の団体ツアーが多いのかな。そして、インド人も全く同じようなことしてるんだね、っていうのが妙に面白かったのです。次はロシア人かな。(でも、ロシア人は男だけの団体より家族で旅行するのを好みそうだよね、どうなんでしょう)

ダンサー達は、お店の専属じゃない、どっかからロシア人の用心棒とともに派遣されてきた人たちなんです。彼女たちは徒歩で自分の衣装を抱えて店にやってきたし。そういうビジネスがあるんだな、っていうのも新しく知った。

音楽はウズベクとかペルシアじゃなくて(ベリーダンスなのに)、今流行してるインド音楽だったってこと。そして、それをインド人の団体もすごく喜んでいた。料理もインド料理だし。やっぱツアーにきても自分の国のもの食わせろ、っていうのは大国的なんだよね。

いやー、しかし、ウズベキスタンのインド料理店で、ロシア人がインド音楽にあわせて中東のベリーダンスを踊りながらインド人が狂喜乱舞していて、それをロシア人の用心棒とウズベク人のウエイターが後ろで見守ってる風景って、なんともユニーク。どんだけカオスなんすか、と。タシケントじゃないとありえない風景じゃない?すごいっす。

ここに中国人も混ざったら大国そろい踏みだよね、って思った。

ちなみに写真撮影は禁止でした。

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[11/27 シゲル&Bill]
[11/26 シゲル&Bill]
[10/28 シゲル&Bill]
[10/21 シゲル&Bill]
[10/20 シゲル&Bill]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア