Home > 任期2 > 同僚のお姉さんとの会話から

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

同僚のお姉さんとの会話から

同僚のライロさんのPCに新しくスピーカーがついたので、ご機嫌で音楽を流していますね。

で、流れているのがウズベクっぽいんだけれどロシア語で歌ってるので、不思議に思って尋ねてみると、カフカス音楽とのことでした。

「私のおばあさんはアゼルバイジャン出身のカフカス人だから、私の見た目もウズベチカと違うでしょ?」とのこと。彼女のルーツはペルシャの方だと思ってたのですが、お母様がタジク系でお父様はカフカス系のウズベク人だったようです。この前はイランのPopsを聞いていたと思ったら、カフカス系の音楽も聴くし、もちろん母語のロシア語ポップスも聴くし、ルーツが複数あって羨ましい。

確かに街を歩いていても、平均的なウズベク人より大柄で色白で、毛が多い、マハチカラから来たような人たちがロシア語で暮らしているのを見かけます。今までそういう人たちのこともウズベク人だと思っていました。(大柄で色白のウズベク人だって幾らでもいるので。) もしかすると結構な割合でカフカスにルーツのある人が住んでいるのかも知れません。

ウズベキスタンのカフカス人で一番有名なのはこの人かも知れません。北オセチア出身で今はウズベキスタン国籍の金メダリスト

タイマゾフさん。

---

カフカスというと、最近ボストンのテロ事件で話題になっているツァルナエフ兄弟も、両親はチェチェン生まれ、本人たちはウズベキスタンのとなりのキルギス生まれ、10年前くらいに米国へ渡ったと報道されています。そういう人々がいつごろ、どういうきっかけで中央アジアに来ることになったのか(最近の紛争がきっかけなのか、ソ連時代の移住政策なのか、またはもっと前から人の交流があったのか)、歴史に疎いのでいまはよく知りませんが、旧ソ連エリアでは多くの民族が共存しているもののようです。

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
3 4 5 6 7
8 11 13 14
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[10/20 コピーブランド,]
[10/20 ま]
[11/27 シゲル&Bill]
[11/26 シゲル&Bill]
[10/28 シゲル&Bill]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア