Home > 任期3 > 近くのスーパーのレジ係りの女性

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

近くのスーパーのレジ係りの女性

近くのスーパーのレジに、今までは調子のいいウズベク人のディルショッドが座っていることが多かったのだけれど、この一ヶ月くらい、新しい女性が座ることが多くなった。

歳は、そんなに若くない。たぶん30代で、黒髪だけど顔立ちは白人。ウズベク人にもロシア人にも居がちな、よくあるルックス。なんとも物憂げな所作で、気になるけどちょっと話しかけづらい、そんな人。

それまで一度も話したことが無かったのだけれど、昨日はたまたま、スーパーに客が一人もいなくて、ディルショッドと例の女性が暇そうに喋っていたタイミングだったので、3人で立ち話することになった。

始めはロシア語でお互いに話していたのだけれど、途中から英語になって、驚いたのは彼女の英語がとても高いレベルだったこと。私のインチキ英語などに比べても数段高いレベル。

「私は○○大学で、ロシア文学と英文学を専攻したの。大使館でも働いたわ。」

この国では多くの人が大学で専門分野を学んでいる。でもだからといってキャリアに恵まれているわけじゃなくて、乗った白タクの運転手が、経済学で修士を取っている自称エコノミストだったり、知り合いの運転手がタシケントで一番良い医大を卒業した歯科技工士だったり、事務的な仕事をおもにしている同僚が博士を持っていたり。大卒で文学を専攻した外国語に堪能な女性が夜のスーパーでレジを打ってるのもあまり珍しいことじゃない。

私の勤務する7年制の医科大学では、奨学金で学費免除で学べるかわりに卒業後3年間国で定められた病院で勤務しなければならないことになっている。大学の豊富さと、奨学金の良心的な制度はソ連時代から引き継がれたものなのだろう。

「この街に来る外国人はみんなロシア語よりウズベク語のほうが簡単だって言うのよね。」

とレジの物憂げな女性。

「あなたの母語はロシア語なの?」と私。

「私は100%ロシア人よ。母語はもちろんロシア語。それにウズベク語だってわかるし喋れる。」

「母語がロシア語なんてラッキーなことだよ。もしもロシア語以外が母語で、後になってから勉強するのは呆れるくらい大変なんだから。」

「そんなこと言ったって日本語はどうなのよ。ロシア語のアルファベットはたったの33個だけじゃない。日本語はあの難解な象形文字(イエログリフ)が何千とあるわけでしょう?それこそ大変じゃない」と笑う。

この国で高等教育を受けた人の知識の広さには舌を巻くことが多い。これもソ連時代の恩恵なのかな。ある日、ロシア語教師のサフィアさんと話していて、彼女がチェーホフの数ある短編の内容を殆ど記憶していることに驚いた。

「全部覚えているんですか、すごいですね?」

サフィアさんは呆れたそぶりで肩をすくめ、言う。

「タロー、ソ連の文学部ではね、フランス文学、ドイツ文学、イタリア文学、もちろんロシアの文学、15世紀から20世紀にいたるまで世界中の文学を全部読まされるわ。もちろん日本の文学だって読んだ。芥川、三島、村上龍に村上春樹、アベコーボー。テストでは、文学の一部分を読まされて、その出典を述べよ、と言われるの。三回間違えたら落第なんだからね!」

ソ連時代に関してはいろいろな話を聞くけれど、教育は素晴らしいものだった、というのはなんとも納得できる話だ。
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[11/24 グッチスーパーコピー]
[11/24 ミュウミュウスーパーコピー]
[11/20 Free Android Apps Download]
[11/20 ロレックス偽物]
[11/14 コピーブランド]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア