忍者ブログ
Home > > [PR] Home > 任期4 > よその家のブレーカーも落としていいの!?

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

よその家のブレーカーも落としていいの!?



電気が無い続きです。
 
一晩電気がなくて、髭を剃りたくても暗いし、不便だなーとか、冷蔵庫の食材が全部腐るなー、などと思いつつ出勤。
 
ちなみに、寒いときだとキッチンの温度がマイナスになるので、キッチンに置いておけば食材など無事なのですが、あいにくこの土日は春のように暖かく、残念。
 
勤務中に大家に連絡がついたので、事情を話すと、廊下の踊り場の配電盤はお隣含め3戸で共用していて、たくさんあるスイッチのうち  右の2つが我が家のスイッチだからそれを入れ直せば直るよ、と言われた。
 
ポイント
・配電盤は同じフロアの3戸で共用
・配電盤の右の2つのスイッチがうち用
・この国のブレーカーはスイッチをOFF→ONすることで復帰する
 
帰宅して言われたとおり右の二つの黄色いスイッチを入れなおしてみたけれど直らなかった。これブレーカーじゃないんじゃないの?困ったのでまた大家に電話。
 
「配電盤に黒いスイッチが4つ、黄色いスイッチが5つ、計9つあるけど、どれがうちので、どれがブレーカーだかわからないじゃん?」
 
「そうさ、だから全部OnOffしてみればいいんだ」
 
「全部?!だって間違ったの切ったら隣の家の電気が落ちるじゃん?!」
 
「それでいいんだ。ウズベク人はみんなそうしているんだ」
 
と、なぜか逆切れされた。
 
「嫌だなあ、やりたくないから、きみがうちに来てくれよ」
 
「とにかく全部のスイッチを入れなおしてみてくれ、それで駄目なら行くから」
 
ということで、ままよ、とスイッチを入れなおしに行った。触ってない黒いスイッチ4つ。それを右から順にパチ・パチ。幸い2つ目が当たりで、ぶーんと冷蔵庫の動く音がした、よかった。
 
日本のブレーカーはちゃんと各戸で分離しているので他人の家のブレーカーに触るってことはまず無いけど、3戸が配電盤を共有しているソ連アパートでは、他人の家の電気を切っちゃってもお互い様、っていうのが、なんとも異文化です。

PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア