Home > 任期4 > 詩人が好きなわけじゃなかったみたい

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

詩人が好きなわけじゃなかったみたい

ウズベク人って、よっぽど詩人が好きなんだなぁ、と長いこと思っていて、人にもそうやって吹聴していたのですが、どうも間違ってたみたいです。
 
タシケントのメトロの駅は、半分くらいが詩人にちなんだ名前がついているため、そう思っていたのですが、それはモスクワの地下鉄駅の命名ルールを真似てそうしているのだそう。
 
なぜ詩人なのか?
 
というと、政治的な人物だと、政変があって急に評価が変わる可能性があるから、そのたびに駅の名前を変えていたら大変。一方で詩人なら、そうそう評価が変わらないうえに、有名で誰でも知っているから、という理由だそうです。
 
なんとも、ソビエト・ロシアらしい理由で駅の名前が決まるのですね。でも普通に地名とかストリートの名前じゃ駄目なのかな。
 
なお、アリシェルナボイー氏は、現代ウズベク語の基礎をなした人物なので、疑いなく人々に尊敬されている詩人です。

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[11/24 グッチスーパーコピー]
[11/24 ミュウミュウスーパーコピー]
[11/20 Free Android Apps Download]
[11/20 ロレックス偽物]
[11/14 コピーブランド]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア