Home > 任期4 > 次は飛行機にします

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

次は飛行機にします

フェルガナからの帰りは、正直しんどかったです。
 
体調は、昨日のヲッカ漬けでお腹ごろごろ、トイレに行けないので水もあまり飲まない、そのうえ9時から15時の移動だと、時間的に一番暑いわけで、後半は死人のように移動しました。
 
「俺も昔は若かったおじさん」のテンプレみたいで恥ずかしいのだけれど、20歳くらいのころ24時間の乗り合いバスにも乗ったり、しました。でも今は40歳。もう無理。。
 
フェルガナからタシケントまで6時間、時速120キロのタクシーに乗っただけで、次は絶対飛行機、と決めました。
 
もう、暑くて暑くて、ひじゃくなおじさんの弱った身体にこたえるし、トイレも行けないから緊張しているし、スピード出すのでひやひやするし。
 
おまけに前日は仮眠でシャワーも浴びてないし、結婚式のために革靴はいてるし、歯も磨いてない。
 
あと、いろいろと時間がかかった理由は、
 
チェックポストで私が、外国のパスポートなのにレギストラツィアをしていない、と咎められて、遠くのイミグレオフィスまで歩いて、結局私はタシケントで滞在許可があるので問題ない、ってことになったり、
 
途中の別のチェックポストが大変混んでいて、そういうところではウズベク人はまったく並ばない、順番守らない、横入り当然、横入りされたら怒ってクラクションで威嚇、といった態度になるので、精神的に疲れたり、
 
途中、2車線しかない峠で事故車が道を塞いでいて、長い間待たされて、やっぱり出来る限り我先に行列の前に行こうとするウズベク人の危険運転でナーバスになったり、
 
といったことがありました。
 
幸い、私たちの運転手は若いのに運転がうまくて、あまりまわりの運転手とトラブルにならずに上手く横入りしていたので、良かったです。時々クラクションは鳴らしてたけど。
 
あと、田舎の若者でタシケントの道を良く知らないせいで、私の家まで行く道がわからずメトロの駅の裏の行き止まりに着いてしまって、トラムの道に行きなおして欲しい、というと、不満げに「えええーぃ」と言うので、怒って「じゃあ歩いていくから、もういいよ!」と言いました。
 
もうそのときは疲れと暑さで半分死人みたいだったので、家まで歩くのもしんどかったのだけれど、不満を言われながら、あれこれ家への道を説明するのも億劫で。
 
すると、あわてて「タシケントの道は良く知らなくてごめんなさい」と言っていたので、もう少し優しい態度をすればよかったかな、とも思います。

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 4
6 7 8 9 11 12
13 14 15 16
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[11/27 シゲル&Bill]
[11/26 シゲル&Bill]
[10/28 シゲル&Bill]
[10/21 シゲル&Bill]
[10/20 シゲル&Bill]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア