忍者ブログ
Home > > [PR] Home > 任期4 > 開放感と寂しさと

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

開放感と寂しさと

土曜日に活動を終えて、日曜日は、なんだか疲れ果てていて、一日中寝てました。
 
そして今日は月曜日、もう仕事に行かなくていいのか、という開放感と、とうとう終わっちゃったんだな、という寂しさがMIXされているようです。
 
寂しさに関して。
 
協力隊になるのはけっこう大変でした。仕事は、協力隊になるにしてもならないにしても、辞めていたと思うけど、応募書類はすっごい多くて、作文を書いたりして、二度の面接でしょ、二ヶ月の訓練でしょ、とくに完治している喘息の既往症の、検査が厳しかったです。なんでそんなに??っていう感じ。PC関連職種は健康で不合格になることが多いと聞いたこともあります。
 
いろいろなプロセスで、~の場合には合格取り消しとなります、という文言が出てきて、12月くらいに書類選考を通ってからも、6月に派遣されるまで、心のどこかで「合格取り消しになるかも」とおびえてました笑
 
で、無事に派遣されてからは、短いですー。1年目は、わからない言葉にてんてこまいで、2年目はあっという間。
 
開放感に関して。
 
週休1日って、小学校以来だったので、9月に着任してからずーっと連続して働いていた気がします。普通は夏に2ヶ月くらいの休みを取るらしいのですが、私のボス若干ワーカホリックなので、昨年夏も休んでませんでした。で、私もなんだかんだタスクを与えられていたので、帰国していた2週間以外は休んでません。
 
ただ、一ヶ月の語学訓練を終えた8月から着任の9月までまるまる一ヶ月空いてたので、勤務日数的には他の隊員と同じくらいになるのかな。
 
業務を終えたらゆっくりハスティイモムを見たり、いつも急ぎ足で必要なものだけ買っていたチョルスーをゆっくり見て回ったり、したいなと思っていたのに、いざ時間が出来てしまうと、家でゆっくりするのもいいかも、など思ってしまって駄目ですね。
 
私は、休暇と用事で二度日本に帰国しているので、逆カルチャーショックみたいなものはもうすでに味わっているのだけれど、帰ってない隊員たちはどうなんだろう。やっぱり、豆腐とか豚肉とか出汁なんかに感動するのかもしれませんね。
 

PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア