Home > 任期4 > 同期大好き

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

同期大好き

協力隊には伝統があるので、いろいろと、やっぱり「協力隊だったらこうあるべき」とか、「○○国の協力隊員はいつもこうしています」というのがあると想うのですが、私はわがままなので、いろいろ理解しつつも、「でも私は私なので」とか「でも私は私ですから」という態度を通してしまうことが多かったと思います。
 
協力隊には、同期隊員といって、訓練から帰国まで2年間ずっと一緒にいる仲間がいます。JICA的には、同期隊員同士で助け合って、途上国の不便で悲惨な生活にも耐えてもらいたい、という意図があるかと思います。ひとりきりだと、色々思い悩んで苦しんだ挙句、壊れちゃったりするケースもあるかと思います。
 
私の同期隊員は、5名いて、年齢層が高めだったせいか、自立していて、自分の楽しみは自分で見つけられるような人が多かったです。だから私がわがままでも暖かく見守ってくれて、良い同期に恵まれて本当に良かったと思います。
 
若い隊員も、駒ヶ根で見た協力隊員の平均値?より、だいぶ大人な若者だと思います。やっぱり、ウズベキスタンだからそういう人選だったのかな?

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
3 4 5 6 7
8 11 13 14
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[10/20 コピーブランド,]
[10/20 ま]
[11/27 シゲル&Bill]
[11/26 シゲル&Bill]
[10/28 シゲル&Bill]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア