Home > 未選択 > 橋を渡る

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

橋を渡る



ムクダハンの第二友好橋までは友人が車で送ってくれました。

バスは一時間に一本程度出発しているので、11:30のバスに乗るために11時頃きました。

チケットを買って、出国検査を通り、イミグレはにこやかな女性の方で、にこやかに出国させてくれました。

待合所にはすでに20人くらいの対人・ラオス人が待っています。

定刻は11時半だけど11時50分になってバスが来て、人が我先にと乗り込んでいきます。

私はのんびり写真を撮ったりしていたせいで、バスに乗ったときには座席が全部人と荷物で埋まってた。しょうがなく立ち乗り。

橋を渡るのは正味10分くらい。車内でタイ人の男性と立ち話しました。

ラオス側につくと、入国カードをタイ人男性が私の分も確保してくれました。入国カード、置いても配ってもいないので、一人なら気づかなかったと思う。

ラオス側入国検査後に、何名か乗客が降りたようで、バスは空いていました。

ラオスの風景は、タイ側に比べてあきらかに、まだ整備されていないし、あまりにものどかな田舎の風景です。20年前にはじめてラオス入りしたときも、同じような印象を持ったものでした。


コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
11 12 13 14 16 17
18
25 27 28 29 30

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[06/26 カルティエ ウェディング]
[11/27 シゲル&Bill]
[11/26 シゲル&Bill]
[10/28 シゲル&Bill]
[10/21 シゲル&Bill]

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア