Home > 任期1 > 幼児。

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

幼児。

2,10,2012

同僚の7ヶ月になるお子さん(お嬢さん)が職場に来ていました。お父さんのお腹に抱かれている姿が愛らしいので、Можно фотографировать? (写真を撮っても良い?)と聞くと、駄目といわれました。理由を尋ねると、こちらでは1歳未満の子供を写真に撮ると魂を吸い取られてしまうので駄目、と言われているそう。

そういえば日本の昔の人も、写真に写ると魂を云々…と言いますよね、ここウズベキスタンでも同じ話を聞くとは思わなかったし、そういうことを今の段階で判って良かった。

異国で生活すると知らないタブーっていうのがたくさんあって、そういうことをいちいち指摘されることは少ないので、よかれと思ってタブーなことをしている可能性はいっつもあるんですよね。

コメント
1.でも ひらいさん (2012/10/07 13:00)

Otabekのうちで、息子のスンナットが生まれた時のビデオ&写真を見せてもらったけど、あれはどうなのかな。彼は気にしないってだけかな。

Re:でも

ロシア系の人なのでそっちの文化か、もしくは、こういった民間信仰は日本でも、ちゃんとやる人といい加減な人がいると思う;・・夜につめを切るな、とか。

  • Taro
  • 2012/10/10(Wed.)
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[12/01 コピー専門店]
[11/30 スーパーコピー]
[11/29 時計ブランドコピー]
[11/29 ルイヴィトン偽物]
[11/29 cartier like love bracelet replica]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア