Home > 任期1 > 喜ばれるウズベク語、喜ばれないロシア語

大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

喜ばれるウズベク語、喜ばれないロシア語

旧ソ連のここらでは、今でもロシア語は世界共通語だと思っている人が多いので、私がロシア語を話しても、誰も驚かない。むしろ、話せて当たり前って反応をされる。

でも、ウズベク語はウズベク人だけの、仲間うちの言語なので、ウズベク語を話せば、ウズベク人には喜んでもらえることが多い。

私には、ロシア語もウズベク語も等しく外国語
ロシア人には、ウズベク語は外国語でロシア語は母語
ウズベク人には、ロシア語は世界言語でウズベク語は仲間内の言語

この微妙なニュアンスの違い

タクシーに乗って、

運転手がウズベクなら、ブイェルダトゥフタットベリング(ここで止まってください)と言うと、ウズベク語話せんの?!と喜んでくれる。

一方ロシア人なら、アスタナビーチェズデシ(ここで止まってください)と言うが、仏頂面で当たり前に止まってくれる。

べ、べつに、喜んでもらうために言語やってるわけじゃないんだけど、やっぱ人の子だから、喜んでもらえるなら嬉しい。それなら、ウズベク語に力を入れたいよね。

先日タクシーに乗ったら「あんたウイグルだろ?」って言われた。それもちょっと嬉しい。

注)ウイグル語とウズベク語は近縁なので、ほとんど通じちゃうらしい。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへ

コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
3 8
10
21
25 26 27 28 29
30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[11/27 シゲル&Bill]
[11/26 シゲル&Bill]
[10/28 シゲル&Bill]
[10/21 シゲル&Bill]
[10/20 シゲル&Bill]

プロフィール

HN:
Taro
性別:
男性

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア