大陸性ステップ 旅と音楽。

旅や音楽の記録。

10/31

10/31

上海の滞在も残り少なくなってきた。


浦東(プードン)新エリアはMust Goだと東京の上海人に言われていたので、地下鉄2号線で陸家嘴までゆき、逆側から黄浦を目指してみる。駅を降りると無数の客引きが。外国人向けの客引きじゃなくて、あきらかに中国人観光客向けの、プレートを持った客引きが群れてた。アジアといえば客引きと思えるほど、どこにでもいる存在なのに、何故か上海についてから殆ど見かけずにいたのだけれど、多分、外灘側では厳しく規制されているせいで対岸に追いやられていたんだな。浦東エリアは真に中国人観光客に人気スポットらしく、いろんな人がいた。上海では殆どみかけない人民服の、素朴な感じの家族とか、チベタンのお坊さんの団体。デートスポットでもあるらしく、オシャレな上海人のカップルとか。各自、テレビ塔の前で写真を撮ったりしてる。幸せな家族の風景をふと見てしまうと、自分が家族を作っていないこと、少し胸が痛くなったりする。


道のりがよくわからないのであてずっぽうに、テレビ塔の根元あたりをうろつきながら河を目指した。19年前に上海に来たとき、このテレビ塔は建設途中で、地下鉄もまだできていなかった。町中を走るトロールバスは、いつでも満員を載せてけたたましく走っていたものだけど、トラフィックが地下に潜るっていうのは画期的なことなんだと改めて気づいた。

たどり着いた浦東の川沿いの遊歩道。やっぱり観光客で賑わってたけど、広がるぬかるみで何か漁をしてる人々が数人いて、そちらのほうが気になった。蟹か、貝でも採れるのかな。採れるものがあるなら食べてみたい。逆側から見た外灘の数枚の写真を写したけど、まあ、こんなものかな、って程度の感想。中国人が喜ぶスポットってあまり外国人向けでは無いのかもしれない。


夕方は、ある地元の青年と待ち合わせがあって、色々話をしてご飯を食べてから、夜の浦東エリアへ。昼より多くの観光客が思い思いに夜景を眺めていた。山岳民族らしい綺麗な髪飾りをつけた一団が目を引いた。民族衣装で旅行するような人々は、今の日本にはいないけど、中国には普通にいて、素敵なことだと思う。肝心の夜景だけど、あまり好きな風景ではなかった。外灘の建物は、ひとつひとつが美しくて、人間でいうとモデルみたいなんだけど、何より距離が遠すぎて建物がよく見えない。モデルはやっぱり、集合写真よりピンナップで見ないとダメだね。


11/1へ進む
10/30へ戻る

Shanghai




コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
2 4
11 13
15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

自己紹介

自閉な子供→ヒッピー→フリーター→IT会社員→ウズベキスタンで協力隊→無職→近所に就職。今後はたくさん旅をします。ときどき音楽の話題も。

タシケントの天気

Tashkentの天気

最新コメント

[05/24 a級品]
[05/23 オメガ]
[05/22 カルティエ 時計 レディース 中古]
[05/22 グッチ gg バッグ]
[05/22 カルティエ 結婚指輪 文字入れ]

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

フリーエリア